アンデッドアンラック

【アンデッドアンラック】160話以降のネタバレ予想|”不感”に続く仲間はあの否定者!

【アンデッドアンラック】作品の概要

(『アンデッドアンラック』1巻 戸塚慶文 / 集英社)

死を覚悟した風子の前に現れたのは、不死の体を持つ謎の男。触れた者に不運を呼ぶ風子の力によって死ぬため、風子と行動を共にすることを決めたアンデッドのアンディだが、二人にある組織からの追手が迫ってー!?

『アンデッドアンラック』とは?

『アンデッドアンラック』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、戸塚慶文先生作のダークファンタジー漫画です。

物語のキーとなる存在は、特定の事象を”否定”することができる否定能力。

主人公の出雲風子は、対象の「運」を否定する「不運(アンラック)」の否定者です。

そんな彼女が出会ったのは、自身の「死」を否定する「不死(アンデッド)」のアンディで……?

『アンデッドアンラック』最新巻発売中!

『アンデッドアンラック』最新20巻が発売中!

未読の方は、ぜひコチラからお買い求めください!

▶︎『アンデッドアンラック』最新20巻を購入する!

各キャラクターの最新状況

この記事について

『アンデッドアンラック』第160話以降の展開を予想する記事です。古代遺物「託す者(エントラスター)」を手に入れたことで、大きな力を得たフィル。”不感”の否定者となったいま、その心には何が宿るのでしょうか。

【アンデッドアンラック】前回(159話)のネタバレ

No.159「Entruster」

エイリアンの女王

フィルと共に飛び出した風子は、「ユニオン」の面々に”囮”を引き受ける旨を伝え、フィルの母を救うよう指示を出しました。

指示を受け、クリードに風子を援護するよう言いつけたニコ。

クリードは「了解!!」とガトリングを構えますが、フィルの母の様子がおかしいことに気がつきました。

その直後、フィルの母は「女王(クイーン)はどこです…!!」と取り乱し始めたのです。

曰く、エイリアンを産んだ”ボス”たる個体(=女王)が存在するとのこと。

エイリアンの女王について警告するフィルの母(『アンデッドアンラック』No.159 戸塚慶文 / 集英社)

”あれ(後述)”を食らって大きくなったという女王は、他の個体と強さの桁が違うようです。

しかし、「ユニオン」としての行動は変わりません。

風子はエイリアンの狙いが”フィルの感情”と述べ、「このまま引き付けます!!」と発しました。

「UNFEEL-不感-」

風子が自身を「感情がある人間」と発したことを受け、不思議そうな表情を浮かべたフィル「ボクに感情?」と問いました。

そこで風子は、前ループのフィルが”不感”の否定能力を有していたことを明かします。

「否定能力は人間の魂に宿る」と続けた風子は、機械の体を持つフィルに対して「神が否定したくなる 程のとっっても素敵な感情と魂を持った 人間だよ」と声をかけました。

”自身に感情がある”という事実を前に、「お母さんきっと喜…」と話しかけたフィル。

……なんとこのタイミングで、「UNFEEL-不感-」が発現の時が来てしまったようです。

「UNFEEL-不感-」が発現したフィル(『アンデッドアンラック』No.159 戸塚慶文 / 集英社)

自身の”気持ち”が凪いでゆく感覚に気がついたフィル。その後、突如として現れた「女王」個体を前に、”不感”の否定者となったフィルは力なく吸い込まれていきました。

「託す者(エントラスター)」

「女王」の腹の中で目を覚ましたフィルは、周囲に複数のクルーの死体が漂っている姿を認めます。

その中の1人の体に、「Take the doll(人形を奪え)」の文字が記されていることに気がついたフィル。

フィルと「託す者」の出会い(『アンデッドアンラック』No.159 戸塚慶文 / 集英社)

ふと上を見上げると、そこには確かに”人形”の姿がありました。

その”人形”は、フィルの母ら”ニューフィーリング計画”に携わる科学者らの研究対象だった様子。

”人形”に触れた刹那、フィルの脳内には100回目の世界の情報が流れ込みました

前ループの出来事を知ったフィル(『アンデッドアンラック』No.159 戸塚慶文 / 集英社)

そしてフィルは、「女王」に捕食される前の風子の言が真実であったことを知ります。

フィルが触れた”人形”の正体は、古代遺物「託す者(エントラスター)」

「これまで使用した者の感情を力に変える古代遺物」です。

使用者は自身の体を捧げる必要がある他、感情を一度に吸い取られてしまった末、廃人と化してしまうとのこと。

しかし、”不感”フィルは、後者のリスクを踏み倒すことができます。

「託す者」は、前ループのフィルも使用していた古代遺物だった様子。

そしてフィルは、「託す者」に手をかざしました。

古代遺物「託す者(エントラスター)」
【アンデッドアンラック】古代遺物「託す者(エントラスター)」の徹底解説|効果や使用者は?『アンデッドアンラック』に登場する「託す者(エントラスター)」について解説している記事です。「託す者」の詳しい効果を解説すると共に、作中における使用者をまとめています。...

託された者

「女王」によってフィルが捕食された後、風子は「凶弾(バッドバレット)」を連射していました。

しかし、”不運の種”が足りないせいか、「女王」に不運は訪れません。

限界が迫っていることを受け、クリードが「風子退け!!」と進言します。

それでも諦められない様子の風子は、「お前なんかにフィルくんは渡さない!!と強い感情を露わにしました。

そんな折、「女王」に異変が起こります

突如として内部から斬撃を受け、フィルが飛び出してきたのです。

フィルは古代遺物「託す者(エントラスター)」と一体化しており、腕に刃、足からはエネルギーを噴出。

新たな力により、「女王」に挑みます。

No.159終わり。

「UNFEEL-不感-」が発現したフィル
【アンデッドアンラック】159話ネタバレ 感想と考察|フィルの”不感”が発現し・・・『アンデッドアンラック』第159話のネタバレ考察・感想記事です。誰よりも強い感情が渦巻いていたフィル。しかし、その”感情”は「神」によって否定されてしまいました。窮地を迎えたフィルの前には、ある古代遺物の姿が……。...

【アンデッドアンラック】160話以降のネタバレ予想

フィルの力

古代遺物「託す者(エントラスター)」へと入り、これまでのループで託されてきた”感情の力”を得たフィル。

両腕の刃に加え、両脚からは推力と、現時点で描かれているだけでも中々に汎用性の高そうな性能であるように思われます。

第160話では「託す者」の更なる能力が開示され、フィルの戦闘要員としての強さが描かれるのでは無いでしょうか。

フィルは、否定能力「UNFEEL-不感-」ゆえに、無制限に古代遺物を使用することができます。

『アンデッドアンラック』の今後のストーリーで、フィルがどのような古代遺物を扱っていくのかに注目したいところです。

古代遺物「託す者(エントラスター)」
【アンデッドアンラック】古代遺物「託す者(エントラスター)」の徹底解説|効果や使用者は?『アンデッドアンラック』に登場する「託す者(エントラスター)」について解説している記事です。「託す者」の詳しい効果を解説すると共に、作中における使用者をまとめています。...

フィル編は終了?

”不感”が発現した上、古代遺物「託す者」の入手によって、純粋な強さ前ループの記憶を一挙に手に入れたフィル。

かくして、「ユニオン」加入のための土壌はきっちりと整ったように思われます。

研究者であるフィルの母は、ラボのメンバーとして「ユニオン」入りする……と言う展開が最も収まり良さそうでしょうか。

いずれにせよ、フィルをメインとする現在の中編は、早ければ次週で終了となるのではないかと予想されます。

次なる否定者は?

風子のロードマップ(『アンデッドアンラック』No.133 戸塚慶文 / 集英社)

上述の通り、間も無く終了するのでは無いかと思われる「UNFEEL-不感-」フィルを巡る中編。

メタ的な視点になりますが、101回目の世界現在、前回(100回目)のループで比較的存在感が薄かった否定者らに焦点が当てられているように思われます。

具体的には、序盤で退場となったジーナボイド、そもそも活躍の機会に恵まれなかった…あるいは特に掘り下げられなかったショーン友才フィルです。ここには、テラーも名を連ねるかもしれません。

そんな流れで考えると、人気どころであるタチアナリップらは後に回され、”不燃”円陣”不貞”くるる(来栖貞子)”不出”バニー(バックス)あたりのストーリーが描かれるのでは無いでしょうか。

”不燃”円陣については、今後「課題(クエスト)」として課される可能性のあるUMAバーンの討伐/捕獲に大きく活躍する可能性が残されています。

いずれにせよ、否定者らに焦点が当てられ、新生「ユニオン」に仲間が増えていく現在のストーリー構成、とにかくワクワクしますよね!!

【アンデッドアンラック】ストーリーまとめ

最新巻はこちら!

『アンデッドアンラック』最新20巻が発売中!

必見のストーリーを、ぜひ以下から購入の上ご覧ください!

▶︎『アンデッドアンラック』最新20巻を購入する!

各ストーリーまとめ

ストーリーの記事は随時更新予定です。

 

23巻
197話 198話 199話 200話  
         
22巻
188話 189話 190話 191話 192話
193話 194話 195話 196話  
21巻
179話 180話 181話 182話 183話
184話 185話 186話 187話  
20巻
170話 171話 172話 173話 174話
175話 176話 177話 178話  
19巻
161話 162話 163話 164話 165話
166話 167話 168話 169話  
18巻
152話 153話 154話 155話 156話
157話 158話 159話 160話  
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話  
16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話  
15巻
125話 126話 127話 128話 129話
130話 131話 132話 133話  
3巻
17話 18話 19話 20話 21話
22話 23話 24話 25話  
2巻
8話 9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話  
1巻
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話      

【アンデッドアンラック】関連記事一覧

アンデラクイズに挑戦!

出雲風子
【アンデッドアンラック】アンデラクイズ初級編!|簡単過ぎる? 目指せクエストクリア!このクイズについて アニメ版では『アンデッドアンラック』第1話〜第3話、原作版では『アンデッドアンラック』第1巻の情報のみが出題範囲!...

他の難易度も随時追加します

『アンデッドアンラック』キャラクターまとめ!

キャラクターまとめ記事は随時更新予定です!

キャラクター紹介
出雲風子出雲風子 アンディアンディ 安野雲安野雲 イチコイチコ
ニコニコ ジーナジーナ ファン=クーロンファン ボイドボイド
「不抜」友才友才 12代目山岡一心山岡一心 「不可視」ショーン=ダッツショーン クリードクリード
テラー ビリービリー フィルフィル シェンシェン
ムイムイ 重野力チカラ リップリップ ラトララトラ
円陣円陣 くるる ジュイスジュイス  
UMAシックシック UMAスポイルスポイル ルナルナ UMA「変化(チェンジ)」チェンジ
ループに挑む風子とアンディ
【アンデッドアンラック】否定者まとめ|作中に登場する全ての否定能力を総まとめ!『アンデッドアンラック』に登場する「否定者」をご紹介する記事です。能力名称と概要、否定者の名前を一覧にまとめています。...
「不正義」ジュイス
【アンデッドアンラック】ユニオン所属の円卓メンバーまとめ|各メンバーの否定能力は?『アンデッドアンラック』に登場する「ユニオン」について、円卓に座す”否定者”たちを一覧形式でまとめている記事です。各キャラクターについて簡単に解説しています。...
上位十理のUMAたち
【アンデッドアンラック】絶対理(マスタールール)を徹底解説!|最強のUMA集団『アンデッドアンラック』に登場する「絶対理(マスタールール)」について解説している記事です。誕生の経緯を述べるとともに、絶対理に選ばれたUMA達を紹介しています。...
ジュイス
【アンデッドアンラック】ジュイスの名シーン3選!|もはや主人公格【名シーンが多過ぎる】『アンデッドアンラック』に登場する「ジュイス」の名シーンをご紹介している記事です。ジュイスが作品で残した名シーンを、あえて3つに絞った上でまとめています。...

『アンデッドアンラック』古代遺物まとめ

全古代遺物一覧

古代遺物
【アンデッドアンラック】古代遺物(アーティファクト)まとめ|一覧形式でご紹介!『アンデッドアンラック』に登場する「古代遺物(アーティファクト)」について一覧形式でまとめている記事です。それぞれに簡単な解説も付しています。...

各古代遺物の解説記事

古代遺物(アーティファクト)紹介
リメンバーリメンバー 魂の口径魂の口径
-ソウルキャリバー-
エントラスター託す者
-エントラスター-
如意金箍如意金箍
リベリオンリベリオン イージスイージス    

【アンデッドアンラック】最新情報まとめ

アニメ『アンデッドアンラック』最新情報!

【アンデッドアンラック】アニメはいつから?|放送日と声優が決定! どこまでの放送? 既に放送が決定しているアニメ『アンデッドアンラック』についてまとめている記事です。放送日やティザーPV、声優、内容などについて解...

アニメ『アンデッドアンラック』ティザーPV公開

2023年中に放送が予定されている、アニメ『アンデッドアンラック』。

声優さんの演技込みの本PV、ファン必見のクオリティです!!

風子の「来るよ! 不運が!!」というセリフがあまりにも解釈一致過ぎて昇天しそうでした……。アニメが待ち遠し過ぎる!!!

第1弾PVはコチラ!

第2弾PVはコチラ!

(C)戸塚慶文
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。