呪術廻戦

【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

五条悟復活!?

『呪術廻戦』26巻
【呪術廻戦】五条悟の復活が実現する理由|これまでの五条悟の道筋も総まとめ!『呪術廻戦』の今後のストーリー展開で「五条悟」が復活する可能性について考察しています。現代最強の術師は、一体どのような復活劇を見せてくれるのでしょうか。...

この記事について

『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、鹿紫雲の生得術式「幻獣琥珀」についても解説しています。

本記事は、本誌最新話時点のネタバレを含みます。
閲覧の際は十分にご注意ください。

【呪術廻戦】鹿紫雲の概要

”雷神”鹿紫雲一について

”雷神”鹿紫雲(『呪術廻戦』第236話 芥見下々 / 集英社)

鹿紫雲一(かしも はじめ)とは、「死滅回游」の東京第2結界に滞留していた”受肉した過去の術師”です。

「死滅回游」の開始早々、200点を稼いだ実力派呪術師である鹿紫雲。呪術高専サイドからは、日車と並ぶ”100点ホルダー”として初期の段階からマークされていました。

本記事では、そんな鹿紫雲の来歴や術式について徹底的に解説していきます

鹿紫雲の現在の状況は?

呪術高専の面々
【呪術廻戦】最新状況まとめ|主要キャラクターの現在の状況は? 新宿決戦編進行中!『呪術廻戦』の本誌最新話時点の状況をまとめている記事です。主要キャラクターの生死と、現在の行動を簡単に記載しています。...

鹿紫雲のプロフィール

名前 鹿紫雲一(かしも はじめ)
所属 東京第2結界の泳者 → 高専と協力関係を締結
年齢
誕生日
身長
等級
CV

【呪術廻戦】鹿紫雲の来歴

1度目の人生|400年前

鹿紫雲一は、400年前に1度目の人生を生きた術師です。

400年前と言えば、西暦にして1600年代。1615年までの元号が「慶長」であることから、禪院家と五条家の”御前試合”の時期とも重なっている可能性がありそうです。

なお、同じ時代を生きた術師として、陸奥は伊達藩に所属していた石流龍(いしごおり りゅう)が挙げられます。

羂索との”縛り”

400年前当時の鹿紫雲は、向かう所敵なし

五条悟が”現代最強の呪術師”であるならば、鹿紫雲一は”400年前最強の呪術師”です

そんな鹿紫雲が求めていたのは、”自身と対等かそれ以上の相手”でした。

……が、老いるまでの間、そのような相手に巡り合うことができなかった鹿紫雲。

400年前の鹿紫雲(『呪術廻戦』第187話 芥見下々 / 集英社)

そこで鹿紫雲は、羂索が語る”史上最強の呪術師”たる両面宿儺と戦うため、未来の世界で受肉することを決めました

このような流れでもって、鹿紫雲は現代に受肉。「死滅回游」に泳者(プレイヤー)として参加することとなりました。

死滅回游編

東京第2結界|初登場

ルールを追加する鹿紫雲(『呪術廻戦』第158話 芥見下々 / 集英社)

鹿紫雲が初登場したのは、『呪術廻戦』18巻の第158話です。

最強格の泳者として、日車寛見と並ぶ待遇で登場した鹿紫雲。

初登場時の所持得点は200点であり、その内100点を消費することで、「死滅回游」泳者の”名前”、”得点”、”ルール追加回数”、”滞留結界”を開示させるルールを追加しました。

東京第2結界|vsパンダ

”100点保持者”たる鹿紫雲は、”東京第2結界(コロニー)”に滞留。両面宿儺を求めて結界内を彷徨っていました。

そんな折に鹿紫雲が出会ったのは、東京都立呪術高専の2年生・パンダです。

コガネに問いかける形でパンダが”泳者”であると判別した鹿紫雲は、早速戦闘を開始。

凄まじいまでの戦闘能力で、パンダを圧倒しました

東京第2結界|vs秤金次

パンダとの戦闘を早々に終えた鹿紫雲でしたが、間髪を入れずに次の挑戦者が現れました。

東京都立呪術高専の3年生・秤金次(はかり きんじ)です。

秤は、シャルル・ベルナールとの戦闘で”大当たり”を引いた後、不死身状態で鹿紫雲の元までやってきた様子。

ボルテージを上げる鹿紫雲(『呪術廻戦』第187話 芥見下々 / 集英社)

思わぬ強敵の出現を前に、(生得術式こそ用いていないものの)鹿紫雲は全力で応戦します。

結果として、秤の度胸根性、そして豪運を前に、鹿紫雲は戦闘に敗北。

”宿儺との戦い”を条件に、自身の100点を差し出すとともに高専と協力関係を締結することとなりました。

人外魔境新宿決戦編

観戦

五条が敗れれば戦いに出ると宣言する鹿紫雲(『呪術廻戦』第227話 芥見下々 / 集英社)

2度目の人生の目的として、当初より「両面宿儺との戦闘」を挙げていた鹿紫雲。

しかし、経緯は不明ながらも、先鋒の役割は五条悟に任せ、その戦闘中は観戦者の位置に甘んじていました。

両面宿儺と五条悟ーー自身と同じ”最強であるがゆえに孤独”な術師同士の戦いに、どこか共感する様子も見せながら。

vs両面宿儺

出陣した鹿紫雲(『呪術廻戦』第236話 芥見下々 / 集英社)

五条悟亡き後、宣言通り飛び出した”雷神”鹿紫雲

宿儺の露払いを行おうとしたであろう”凍星”裏梅は秤に任せ、新宿の地に降り立ちました。

そして鹿紫雲は、秤戦において温存していた生得術式を解放。

文字通り命を削りつつ、”史上最強の呪術師”両面宿儺に挑みました。

戦いの中盤で”1000年前の姿”を取り戻した宿儺は、まさに完全無欠

五条戦で「世界を断つ斬撃」を学習していたことも相まって、宿儺の強さは鹿紫雲を大きく凌ぐほどのものでした。

戦いの結果は、鹿紫雲の敗北人外魔境新宿決戦にて、2度目の生を終えました

胴を切断された五条
【呪術廻戦】第236話のネタバレ 感想と考察|五条悟の死亡 史上最強が勝負を制す! 『呪術廻戦』第236話のネタバレ考察・感想記事です。新宿に戦跡が刻まれた次の瞬間、待ち受けていた決着とは……。衝撃の幕引きが描か...

【呪術廻戦】鹿紫雲の実力と術式

鹿紫雲の実力

鹿紫雲は、圧倒的な身体能力と後述の呪力特性により、生得術式を使わずとも”最強”格の強さを持つ術師です。

400年前の呪術界で無比の強さを誇った鹿紫雲。

両面宿儺にもその強さは認められており、五条悟と並ぶ”(その時代における)最強の術師”として接されている節がありました。

呪力特性

稲妻を放つ鹿紫雲(『呪術廻戦』第184話 芥見下々 / 集英社)

鹿紫雲は、電気と同質の呪力特性を有しており、触れた対象に電荷を溜めることが可能です

相手や自身、如意に溜めた電荷により、鹿紫雲が放つのは「稲妻」

それは「領域を放つまでもなく必中」の一撃であり、名も無き泳者やパンダ、秤の体に幾度となく風穴を空けました。

呪力特性による弊害

呪力が電気と同質であるということは、海などの水中において呪力の漏出が起きてしまうことを意味しています。

その様は、さながら漏電。

……が、そんな呪力の漏出はデメリットばかりではありません。

秤との戦闘で海に落とされた鹿紫雲は、海水の電気分解による”塩素ガス”の発生や、水温の上昇水蒸気爆発の誘発など、多彩な攻撃手段を見せました。

電撃への耐性

電気と同質の呪力特性を持つ鹿紫雲は、電撃への耐性を持っています。

そんな耐性ゆえに、両面宿儺が操る呪具「神武解(かむとけ)」の一撃無傷で耐えて見せました

生得術式「幻獣琥珀」

術式を解放する鹿紫雲(『呪術廻戦』第237話 芥見下々 / 集英社)

『呪術廻戦』第237話にて、遂に鹿紫雲が生得術式を解放しました。

術式の名称は、「幻獣琥珀(げんじゅうこはく)」

その能力は、「鹿紫雲が呪力(=電気)から変換できる あらゆる現象を 実現するために肉体を作り変える」というものです。

具体的には、脳内信号の活性化による敏捷性の向上や、対象を蒸発させる電磁波の照射など、人を超えた力を発揮することができます

そんな術式を行使する代償は、「肉体の崩壊」です。

それゆえに鹿紫雲は、(おそらくは)2度の人生で宿儺にしか術式を使用しませんでした

X線の利用

度重なる肉体の改変により、X線の利用をも可能とした鹿紫雲。

目の前に立つ両面宿儺が”完全無欠”であることを一目で見抜きました。

【執筆:ショウマル】

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話 260話      

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。