呪術廻戦

【呪術廻戦】第250話のネタバレ 感想と考察|乙骨が切り札を使用! 宿儺に迫る凶刃

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

五条悟復活!?

『呪術廻戦』26巻
【呪術廻戦】五条悟の復活が実現する理由|これまでの五条悟の道筋も総まとめ!『呪術廻戦』の今後のストーリー展開で「五条悟」が復活する可能性について考察しています。現代最強の術師は、一体どのような復活劇を見せてくれるのでしょうか。...

この記事について

『呪術廻戦』第250話のネタバレ考察・感想記事です。ストーリーの内容をわかりやすくお伝えしています。

前回はコチラ!

乙骨憂太の「真贋相愛」
【呪術廻戦】第249話のネタバレ 感想と考察|乙骨が領域展開!真贋相愛の効果は?『呪術廻戦』第249話のネタバレ考察・感想記事です。ストーリーの内容をわかりやすくお伝えしています。...

第249話のネタバレ速報

【呪術廻戦】第250話のネタバレ速報|乙骨が宿儺の術式をコピー! 宿儺に「捌」が炸裂『呪術廻戦』第250話のネタバレ速報をまとめている記事です。ストーリーの流れを追いつつ、内容の考察を行なっています。...

【呪術廻戦】第250話のネタバレ

以下からは、『呪術廻戦』第250話「人外魔境新宿決戦㉒」の内容をネタバレ込みでご紹介していきます。

真贋相愛

第250話冒頭、”特級術師”乙骨憂太が展開した領域「真贋相愛」について、その詳しい効果が明かされました。

まず「真贋相愛」に付与される必中術式は、乙骨が模倣(コピー)しストックしている術式の中から選択することができるようです。

そして、選択された術式を除く術式は、領域内に突き刺さる”刀”の中にランダムで付与されるとのこと。

なお、「刀にどの術式が込められているのか」は乙骨自身でも手にするまで分からず、また刀は術式を開放した直後に消滅します。
※刀は無数に刺さっており、本数制限や使用制限はナシ。

つまり、”天使”の「邪去侮(ヤコブ)の梯子」については、必中効果として付与されているため、刀に宿ることはありません

窮地の宿儺

乙骨と式神(『呪術廻戦』第250話 芥見下々 / 集英社)

刀を引き抜いた乙骨は、ドルゥヴの術式(=自律した式神の軌跡を”領域”とする術式)を繰り出しました。

3体の式神は宿儺の周囲を舞い、不可侵の”領域”を作り上げます。

その直後、虎杖とリカが宿儺に対して攻撃。体勢を崩した宿儺は、先ほどの”領域”に当たってしまい、背中に切り傷のようなダメージを負いました。

 

現在の宿儺は、依然として領域「伏魔御廚子(ふくまみづし)」を封じられており、なおかつ反転術式の出力も低下している状況です。

加えて、残る呪力総量は乙骨と同程度であるという宿儺。

また、常に「彌虚葛籠(いやこつづら)」を継続させておく必要があることから、「世界を断つ斬撃」も発動不可能であるとのこと。

どうやら現在の宿儺は、完全な窮地に陥っているようです。

 

また、問題は虎杖の打撃にもありました。

かつて”特級呪霊”真人(まひと)にもダメージを与えていたように、虎杖の打撃は的確に”魂”を捉えます。

現在の虎杖は、伏黒恵と宿儺の「魂の境界」を知覚していました。

「魂の境界」への攻撃は、伏黒と宿儺の肉体が同調することを阻害。

噛み砕いて表現すると、虎杖の拳からは、単純に宿儺のパフォーマンスを落とす一撃が次々と繰り出されているのです。

もし打撃を喰らい続けた宿儺が、「彌虚葛籠」の発動が困難な状態に追い込まれた場合、待っているのは「真贋相愛」の必中術式の的中

つまり、”天使”の「邪去侮の梯子」による消滅です。

繰り返しますが、やはり宿儺はかなりの窮地に陥っていると言えそうですね。

空白のひと月

狗巻棘の「呪言」烏鷺亨子(うろ たかこ)の「宇守羅彈(うすらび)」など、次々にコピーした術式を使い続ける乙骨。

しかし、宿儺もただ大人しく攻撃を受けるだけではなく、「解(カイ)」による反撃も行います。

宿儺(『呪術廻戦』第250話 芥見下々 / 集英社)

ここで宿儺は、「このひと月 何をした?」と2人に問いかけました。

虎杖の反転術式習得をはじめ、高専術師たちが1ヶ月ではとても成し得ないはずの成長を遂げていたからです。

極め付けは、領域「真贋相愛」の特殊な設定にありました。

虎杖が「邪去侮の梯子」を受けていないことから分かる通り、乙骨は”術式対象者を宿儺のみに絞る”という高等技術を実現していたのです。

宿儺の問いに対して乙骨は「ズルしました」という回答にとどめました。

奥の手

乙骨は、決戦に備えてシャルル・ベルナール「G戦杖」の模倣も済ませていました。

しかし、どの術式を用いても、宿儺に”決定的な隙”を生み出す攻撃にはなり得ません。

そんな折、付与される術式がランダムである”刀”から、ついに乙骨は目当ての術式を引き当てました。

乙骨の「捌」(『呪術廻戦』第250話 芥見下々 / 集英社)

それはなんと、宿儺の術式「御廚子(みづし)」

乙骨は宿儺に対し、ゼロ距離で「捌(ハチ)」を当てて……?

『呪術廻戦』第250話終わり。

【呪術廻戦】第250話の感想と考察

”キーマン”虎杖

反転術式を使う虎杖(『呪術廻戦』第248話 芥見下々 / 集英社)

『呪術廻戦』第248話で「反転術式」の習得が明かされてからと言うもの、徐々に株を上げつつある虎杖。

さらには、”魂に作用する打撃”宿儺に対して非常に有効であることも明かされ、一気に「人外魔境新宿決戦」のキーマンの座を掴んだように思われます。

彼は主人公であり、現在はおそらく最終決戦のため、当然と言えば当然の流れです。

しかし、それでも虎杖悠仁に「役割」が与えられる姿は、なんだか読者として嬉しいものですよね。

今後も様々に状況変化すると思われる新宿決戦。

最終的に勝負を決するのは、”主人公”虎杖悠仁の拳であって欲しいものです。

今後の虎杖の活躍について

加茂憲紀や脹相から教えを受けていたことから、虎杖悠仁が「赤血操術」を獲得したこと確定と見て良いでしょう。

したがって、仮に乙骨の領域「真贋相愛」で決着しなかった場合、虎杖の”奥の手”として「穿血」などの技が放たれるのでは無いかと思われます。

1ヶ月の間に恐ろしいまでの成長を遂げ、いま戦場に立つ虎杖。

術式を持っていると言うことは、(理論上は)領域展開も可能ではあるはずです。

”主人公”であるからこそ、宿儺の意表を突く意味でも、虎杖の領域展開に期待しておきたいところですね。

乙骨と「捌」

『呪術廻戦』第250話の最終盤、乙骨憂太は宿儺に向けて「捌(ハチ)」を放ちました。

「捌」とは、「解(カイ)」と同じく宿儺が繰り出す斬撃。

すなわち乙骨は、決戦前に宿儺の術式「御廚子(みづし)」をコピーしていたのです。

「御廚子」を使用できた理由

そもそも乙骨のコピーは、術式を持つ人物の肉体の一部を摂取することが条件であると考えられます。

例えば、烏鷺(うろ)の術式をコピーする直前には、リカが烏鷺の腕を捕食していました

乙骨と狗巻(『呪術廻戦』第222話 芥見下々 / 集英社)

また、決戦直前、乙骨は狗巻とともに仄暗い回廊を進み、「使わせてもらうよ」と発していたのです。

これは、十中八九「(切断された腕を)使わせてもらうよ」という意味でしょう。

 

そして、乙骨が宿儺の術式をコピーできた理由ですが、これはおそらく五条悟が「両面宿儺の指」を持っていたからでしょう。

元より宿儺は、自身の残り1本の指が五条の手にあるものと予想していました。

まさにその予想は正しく、五条は乙骨に宿儺の指を託し、そして乙骨は「リカ」に指を食べさせたのでは無いでしょうか。

次回(第251話)の展開予想

対峙する裏梅と秤
【呪術廻戦】第251話の展開予想|リカが宿儺の指を捕食か 秤vs裏梅へ場面転換 『呪術廻戦』第251話の展開を予想する記事です(これまでのネタバレあり)。発売日情報についてもまとめています。 【呪術廻戦】第...

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話        

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。