呪術廻戦

【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

五条悟復活!?

『呪術廻戦』26巻
【呪術廻戦】五条悟の復活が実現する理由|これまでの五条悟の道筋も総まとめ!『呪術廻戦』の今後のストーリー展開で「五条悟」が復活する可能性について考察しています。現代最強の術師は、一体どのような復活劇を見せてくれるのでしょうか。...

この記事について

『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。

本記事は、本誌最新話時点のネタバレを含みます。

【呪術廻戦】魔虚羅とは|概要

魔虚羅の顕現(『呪術廻戦』第229話 芥見下々 / 集英社)

最強の式神

魔虚羅こと「八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎ いかいしんしょう まこら)」は、”最強の式神”です。

禪院家相伝の術式によって顕現させることができる魔虚羅は、「禪院家の虎の子」とも形容される存在。

なお、その相伝の術式とは「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」であり、伏黒恵が有しています。

本記事では、そんな魔虚羅の来歴や能力について徹底的に解説していきます

顕現させるためには

”最強の式神”魔虚羅の顕現は、「布瑠の言(こと)」と呼ばれる呪詞「布瑠部由良由良」の詠唱と、掌印の結印が必要となります。

なお、「十種影法術」の使い手”調伏(ちょうぶく)”によって式神を支配下に入れますが、伏黒はこの”調伏”を成していません。

それどころか、歴代「十種影法術」使いの中に、魔虚羅を調伏できた術師はいないとされています。

しかし、慶長の世の術師は魔虚羅を使用したとされており、伏黒もまた魔虚羅の顕現に成功しました。

その理由は、「十種影法術」によって召喚可能な式神は、”調伏の儀”によって任意のタイミングで顕現させることができるから。

そして”調伏の儀”は、「複数人で開始する」という裏技的な使用法も挙げられます。

つまり、倒すべき相手を指定した上で”調伏の儀”を開始することによって、実質的に魔虚羅を相手にぶつけることができるのです。

【呪術廻戦】魔虚羅とは|能力

あらゆる事象への適応

魔虚羅が持つ”法陣”と、顕現に必要な呪詞「布瑠部由良由良」が表すのは、完全な循環と調和

そんな魔虚羅の能力は、「あらゆる事象への適応」です。

魔虚羅は、攻撃を受けた際に解析を開始し、時間経過によって「適応」を完成させます。

解析途中に当該攻撃を受けた場合、適応完了までの時間は加速するとのこと。

回転する魔虚羅の方陣(『呪術廻戦』第228話 芥見下々 / 集英社)

なお「適応」は、”法陣”の回転によって完成します。

ちなみに、解析対象が「五条悟の”無限”」のように難解なものである場合、”法陣”の複数回回転が必要となるようです。

適応の詳細

魔虚羅は「適応」を完成させた後も、当該事象への解析を完結させません。

具体的には、「人外魔境新宿決戦」時の様子が挙げられます。

当初、五条悟が持つ”不可侵”への適応を得た魔虚羅は、自らの呪力の変質させることで、”不可侵”の中和無効化を可能としていました。

その後、解析を進めた魔虚羅は、「術式対象の拡張」という新たな適応の形に到達。

五条悟ではなく、空間や存在ごと斬る「世界を断つ斬撃」を会得したのです。

この斬撃は宿儺の”手本”となり、結果として五条悟敗北の直接の要因となりました。

適応の肩代わり

魔虚羅が「適応」するための過程は、術師本人が肩代わりできます

例えば宿儺は、自身の中に眠る”伏黒恵の魂”に「無量空処」の必中効果を受けさせ、魔虚羅の適応を強制的に肩代わりさせました

退魔の剣

魔虚羅は、正のエネルギーを纏った「退魔の剣」を有しています。

その剣から繰り出される一撃は、相手が呪霊であれば一撃で消し飛ばしてしまうほどの威力を持ちます。

当然、術師相手であってもある程度の攻撃性能は期待できるでしょう。

【呪術廻戦】魔虚羅とは|来歴

慶長の時代

時は約400年前、慶長

「無下限呪術」「六眼(りくがん)」を併せ持った五条家の術師と、「十種影法術」を持つ禪院家の術師御前試合を行う機会がありました。

例えるのであれば、五条悟と伏黒恵の激突たるこの試合。

これまで『呪術廻戦』で描かれてきた事実と照らし合わせると、五条家の術師が圧勝すると予想されます。

慶長時代の御前試合について語る五条(『呪術廻戦』第117話 芥見下々 / 集英社)

しかし、蓋を開けてみると、試合の結果は両者死亡の引き分け

このような結果に至った原因は、禪院家の術師による魔虚羅の召喚にあるとされています。

余談ですが、五条家と禪院家の確執は、この出来事に起因しているようです。

渋谷事変|初登場

ーー東京都 渋谷区 道玄坂「SHIBUYA109」前。

”呪詛師”重面春太(しげも はるた)の急襲に遭った伏黒恵が、上述の「複数人による”調伏の儀”」の使用により、魔虚羅を召喚しました。

まずは召喚者たる伏黒を仮死状態にまで追い込んだ魔虚羅。

続く狙いは重面であり、即座に”調伏の儀”は終了……と思われましたが、ここで割り込んだのは宿儺でした。

魔虚羅と相対する宿儺(『呪術廻戦』第118話 芥見下々 / 集英社)

魔虚羅は、持ち前の適応能力によって応戦しますが、目の前の相手は”呪いの王”

その領域「伏魔御廚子」によって切り刻まれた結果、破壊されてしまいました。

死滅回游|vs万

魔虚羅が真球を破壊(『呪術廻戦』第219話 芥見下々 / 集英社)

伏黒恵に受肉した結果「十種影法術」を得た宿儺は、いつの間にか魔虚羅を調伏を完了。

晴れて宿儺の手持ち式神となった魔虚羅は、万(よろず)との戦いにて初投入されました。

場面は万によって領域「三重疾苦(しっくしっくしっく)」が展開された、ギリギリの状況。

付与された必中術式は、実現不可とされる「真球」。術式が発動した場合、領域内の対象は消えてしまうようです。

そんな状況下で顕現したのが、魔虚羅でした。

宿儺の”肩代わり”により、顕現時点で「液体金属への適応」を得ていた魔虚羅は、「真球」を即座に破壊。
※真球も液体金属によって構成されていたため。

その後に万の体を斬り付け、宿儺に勝利をもたらしました。

人外魔境新宿決戦|vs五条悟

五条を斬りつける魔虚羅(『呪術廻戦』第232話 芥見下々 / 集英社)

魔虚羅は、「人外魔境新宿決戦」の五条戦においても、主戦力として投入されました。

まず任されたのは、五条悟の領域「無量空処」に適応すること

適応の過程は”伏黒恵の魂”が引き受けており、魔虚羅は見事に「無量空処」を克服してみせました

さらに魔虚羅は、宿儺の肩代わりによって「無下限呪術」の術式順転にも適応しており、”不可侵”の突破にも成功。

その際、「世界を断つ斬撃」を放って見せ、宿儺に学習の機会を与えました。

結果だけ見れば、五条戦の圧倒的キーマンとなった魔虚羅という存在。

ともすれば、魔虚羅なくして宿儺の勝利はなかったのではないでしょうか。

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話        

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。