呪術廻戦

【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ?

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

五条悟復活!?

『呪術廻戦』26巻
【呪術廻戦】五条悟の復活が実現する理由|これまでの五条悟の道筋も総まとめ!『呪術廻戦』の今後のストーリー展開で「五条悟」が復活する可能性について考察しています。現代最強の術師は、一体どのような復活劇を見せてくれるのでしょうか。...

この記事について

『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」についても解説しています。

本記事は、本誌最新話時点のネタバレを含みます。
閲覧の際は十分にご注意ください。

【呪術廻戦】裏梅の概要

氷塊に乗る裏梅(『呪術廻戦』第237話 芥見下々 / 集英社)

”凍星”裏梅について

裏梅(うらうめ)とは、1000年前に両面宿儺の専属料理人を務めていた術師です。

過去を生きた術師であるはずの裏梅ですが、どうやら羂索(けんじゃく)との”縛り”によって受肉を果たした様子。

1000年の時を経てなお、裏梅の宿儺への忠義には一点の曇りもありません。

本記事では、そんな裏梅の来歴や術式について徹底的に解説していきます

鹿紫雲の現在の状況は?

呪術高専の面々
【呪術廻戦】最新状況まとめ|主要キャラクターの現在の状況は? 新宿決戦編進行中!『呪術廻戦』の本誌最新話時点の状況をまとめている記事です。主要キャラクターの生死と、現在の行動を簡単に記載しています。...

鹿紫雲のプロフィール

名前 裏梅(うらうめ)
所属 宿儺の従者(専属料理人)
CV 斎賀みつき

【呪術廻戦】裏梅の来歴

1度目の人生|1000年前

裏梅は、1000年前に1度目の人生を生きた術師です。

1000年前とは、すなわち呪術全盛期たる平安時代。

同じ時代を生きた術師としては、烏鷺(うろ)万(よろず)天使などが挙げられます。

両面宿儺と後ろに控える裏梅(『呪術廻戦』第219話 芥見下々 / 集英社)

そこに至るまでの経緯は不明ながら、”専属料理人”として宿儺から重宝されていた裏梅

その得意分野は、宿儺が好物とする人間の調理でした。

なお、レパートリーには「猿脳のポタージュ」なる料理も存在しており、同じ時代を生きたが好物としていたようです。

羂索との”縛り”

裏梅は、羂索との間に何らかの”縛り”を結んだものと思われます。

結果として、他の”受肉した過去の術師”らのように現代で受肉を果たし、再び宿儺の御前へと馳せ参じることとなりました。

京都姉妹校交流会編

初登場

裏梅の初登場(『呪術廻戦』第53話 芥見下々 / 集英社)

裏梅は、高専に捕えられた”呪詛師”組屋鞣造(くみや じゅうぞう)伝いに「白髪オカッパのガキ」として登場しました。

なお、この時点で「裏梅」という名前を含むその他の情報は明かされていませ

渋谷事変編

呪詛師のまとめ役

「渋谷事変」発生時の裏梅は、真人一派に与(くみ)する呪詛師らを取りまとめる立場として暗躍していました。

例えば重面春太(しげも はるた)には、「スーツの人間(=補助監督)」を狩り続けるよう指示を出していました。

宿儺との再会

宿儺vs”特級呪霊”漏瑚(じょうご)の大怪獣決戦が終了した直後、「宿儺様」と裏梅が登場。

裏梅を認知している宿儺(『呪術廻戦』第116話 芥見下々 / 集英社)

相手の正体に気がついた宿儺は、「裏梅か!!」と表情を一変させました。

当初は宿儺と完全に合流するつもりでいたであろう裏梅。

一方の宿儺は、未だ虎杖悠仁という「器」に捕えられた状態であり、思うように動くことができません。

そして、宿儺から「ゆめ準備を怠るな またなという言葉をかけられた裏梅は、静かに「御意に」と返しました。

「渋谷事変」最終盤

『呪術廻戦』第134話。

虎杖を含む高専の術師ら脹相を加えたメンバーが、「渋谷事変」の黒幕たる羂索と対峙していた折、突如として裏梅も登場しました。

そして、続く『呪術廻戦』第135話、遂に裏梅が術式を使用。

裏梅(『呪術廻戦』第135話 芥見下々 / 集英社)

氷の術式たる「氷凝(ひこり)呪法」により、相手術師らを一網打尽にしてしまいます。

”特級呪術師”九十九由基の介入により、結局その場はお開きとなりましたが、大きな爪痕を残す形になりました。

九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...

死滅回游編

”浴”の準備

来るべき宿儺復活の時に向けて、裏梅は粛々と準備を進めていました。

そして『呪術廻戦』第215話。

羂索によって送られた裏梅は、戦場に降り立つと同時に最大出力の「霜凪」を発動。

宿儺と戦っていた虎杖悠仁、禪院真希の両名を氷漬けにし、宿儺の露払いを完遂しました。

”浴”の準備を指示する宿儺(『呪術廻戦』第215話 芥見下々 / 集英社)

その後、既に”浴(よく)”の準備を済ませてあることを伝えると、宿儺から「相変わらず痒い所に手が届く」という嬉しい言葉が。

物静かな姿勢を崩さない裏梅でしたが、そこには「超うれしい」という感情説明の補足文が添えられていました。

”浴”について

”浴”とは、本来の意味合いとしては「家宝などの器物を外敵から守る目的で呪具化する儀式」のことを指します。
一方で、裏梅が準備した”浴”は、宿儺をより”魔”へと近付け、「器」たる伏黒恵の魂をより深く鎮めるための儀式です。
▶︎さらに詳しい説明はコチラから!

人外魔境新宿決戦編

五条復活

復活した五条が羂索の前に現れた際、裏梅は宿儺とともに現れました。

その場で五条が言い放ったのは、「悠仁から逃げた奴が 尻捲ってみっともねえなあ!!」という宿儺への侮辱。

”宿儺を対象とする煽りへの耐性”が0の裏梅が看過できるはずもなく……。

瞬時に怒りのパラメーターが振り切れた裏梅は「貴様っ!!」と激昂しますが、直後に五条の手痛い一撃を喰らってしまいました。

 

なお、五条が裏梅に放った一撃は、反転術式を以ってしても残る”痛み”と、宿儺を前にかかされた”恥”という2つの傷跡を残しています。

vs秤金次

対峙する裏梅と秤(『呪術廻戦』第238話 芥見下々 / 集英社)

「人外魔境新宿決戦編」にて、裏梅は呪術高専3年の秤金次と対峙。

初手で領域「坐殺博徒」に巻き込まれ、宿儺vs鹿紫雲戦の終了まで時間を浪費させられる格好となりました。

「氷凝呪法」を用いた激しい攻撃を展開する裏梅。

一方の秤は、”大当たり”直後のラウンド中であり、フルオートで反転術式が回り続ける不死身状態にあります。

宿儺や五条をも凌ぐ再生速度を前に、苦戦を強いられて……?

【呪術廻戦】裏梅の実力と術式

裏梅の実力

裏梅は、後述する強力な生得術式の他、術師としての高いポテンシャルを有しています。

例えば、脹相が放った「穿血(せんけつ)」を初見でガードする動体視力

そして、”2級呪術師”の西宮桃が放った「鎌異断(かまいたち)」を、素手で容易に払う胆力防御力

どこをとっても一級品であり、裏梅が呪術全盛の世を生きた猛者であった事実を裏付けています。

脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...

生得術式「氷凝呪法」

裏梅の「氷凝呪法」(『呪術廻戦』第237話 芥見下々 / 集英社)

裏梅が持つ「氷凝呪法」は、対象を凍結させることができる術式です。

2種の大技(後述)の他、指先の凍結による鋭利な武器の生成など、汎用性に優れた術式であると言えるでしょう。

以下では、そんな「氷凝呪法」から繰り出された技をご紹介しています。

霜凪

最大出力の「霜凪」(『呪術廻戦』第215話 芥見下々 / 集英社)

「霜凪(しもなぎ)」は、過冷却状態の呪力をぶつけることによって対象を凍結する「氷凝呪法の真髄」です。

初出は『呪術廻戦』第135話であり、その場に居合わせた敵を一網打尽にして見せました。

なお、最大出力の「霜凪」は、瞬時に氷塊を作り上げるほどの凍結範囲を誇ります。

直瀑

「直瀑(ちょくばく)」は、凍結によって対象を拘束した上で、頭上から巨大な氷柱(つらら)を落とす技です。

その様は、さながら凍った滝たる”氷瀑”

直瀑の威力(『呪術廻戦』第135話 芥見下々 / 集英社)

上画像の巨大な氷柱群が、その殺傷能力の高さを物語っています。

反転術式

裏梅は「反転術式」を習得しており、傷ついた体を瞬時に癒すことができます。

実際に裏梅の「反転術式」を目の当たりにした”1級呪術師”の日下部は、「呪術のスケールが段違い」と評していました。

本編では描かれていないものの、術式の反転も使用可能と見て良さそうです。

領域展開について考察

平安の世に生まれた裏梅は、宿儺の側に仕えることを許された唯一の人間です。

その実力は1級呪術師のレベルを遥かに超越しており、さすがは呪術全盛の世を生きた術師と言ったところでしょうか。

さて、そんな実力者であるからこそ、裏梅「領域展開」をも習得しているのではないかと予想されます。

必中効果の予想

領域に付与された必中術式は、単純に予想するのであれば、対象の凍結でしょう。

領域の効果によって凍結の術式が必中となった場合、対象はたちまち氷漬けの憂き目に遭ってしまいます。

凍って仕舞えば、あとは裏梅が好きに料理するだけ。

まさしく必中必殺”凍星”の名に相応しい領域です。

銀世界を展開か

裏梅が領域を展開した場合、心象空間たる”見た目”にも注目しておきたいところです。

「氷凝呪法」”氷””凍結”を能力とする術式。

そんな術式の持ち主から展開される領域となると、一面の銀世界が連想されます。

なんだかロマンチックな裏梅の領域。

お披露目の日が楽しみでなりません。

【呪術廻戦】裏梅の魅力

裏梅はかわいい

笑う裏梅(『呪術廻戦』第215話 芥見下々 / 集英社)

裏梅は基本的に無表情であり、いざ感情を表出させたかと思えば、それは敵への怒りであることが多い印象を受けます。

しかし、ツンとした表情は時に雪解けのような綻びを見せ、その瞬間に裏梅のかわいい一面が垣間見えるのです。

「かわいい」よりも「美しい」が勝る普段の凛とした表情も素敵ですが、かわいい裏梅も捨てがたいところですよね。

裏梅の性別はどっち?

中性的な顔立ちの他、ボディラインが見えない袈裟を着用していることから、裏梅の性別は未だ判然としません。

笑い声が「ウフフ」という(どちらかといえば)女性的なそれですが、真相やいかにーー?

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話        

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。