呪術廻戦

【呪術廻戦】第249話の展開予想|リカと宿儺の戦闘がスタート 乙骨が領域展開

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

この記事について

『呪術廻戦』第249話の展開を予想する記事です(これまでのネタバレあり)。発売日情報についてもまとめています。

【呪術廻戦】第249話の概要

掲載日はいつ?

『呪術廻戦』第249話は、2024年2月5日発売の『週刊少年ジャンプ』10号への掲載が予定されています。

前話の第248話は1月22日発売の『週刊少年ジャンプ』新年8号に掲載されるため、1週間休載が挟まれる形です。

第248話では様々な情報が一挙に描かれたことから、休載期間中によく咀嚼しておく必要がありそうですね。

前回(第248話)はこちら!

呪術廻戦 248話のネタバレ速報
【呪術廻戦】第248話のネタバレ速報|虎杖が反転術式を習得 乙骨参戦で羂索の死亡が確定『呪術廻戦』第248話のネタバレ速報をまとめている記事です。ストーリーの流れを追いつつ、内容の考察を行なっています。...

【呪術廻戦】第249話の展開予想

羂索の死亡とラスボスの誕生

乙骨の急襲(『呪術廻戦』第243話 芥見下々 / 集英社)

『呪術廻戦』第243話にて乙骨の奇襲を受け、ものの見事に斬首されてしまった羂索。

「道半ば……残念だよ」と敗北を認めるかのような言葉を残した後、「私の意志は受け継がれる」と不穏な”呪い”を吐きました。

以降しばらくは主舞台が変わり、羂索の生死が確定しないままストーリーが進みます。

 

ーーそして、問題の第248話

羂索の”保険”が発動し、宿儺が「天元による人類との超重複同化の発動権」を入手。

加えて、岩手県「御所湖結界」にて羂索を奇襲したはずの乙骨憂太が、突如として新宿決戦の地に現れたのです。

直接的に描写されていないものの、さすがに羂索の死は確定と見て良いでしょう。

天元と人類の超重複同化とは?

昨今のストーリーで度々登場する「超重複同化」という単語。

現在進行している『呪術廻戦』の最終章において極めて重要なキーワードとなるため、簡単に復習しておきましょう。

そもそも天元は、自身と適合した人間たる「星漿体(せいしょうたい)」同化することで、姿形を保ってきました。

しかし、12年前の同化失敗を経て、天元は次の段階へと”進化”

「天地そのもの」となったのです。

そこで羂索は考えました。そんな天元と日本国民を同化させることで、1億人規模の”呪い”から成る呪霊を生み出すことができるのではないか、と。

超重複同化の末に生まれる呪霊(『呪術廻戦』第202話 芥見下々 / 集英社)

つまり「超重複同化」とは、日本に住む1億人超の人々と天元が同化することを表しています。

そして「死滅回游」には、その準備段階としての役割を与えられていたのです。

「死滅回游」については、以下の記事で詳しく解説しています

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

宿儺がラスボスで確定

さて、「超重複同化」は、本来であれば羂索を討った段階で泡沫に帰すはずの計画でした。

しかし、羂索は”保険”を発動させ、自身の計画を宿儺に譲渡。

一方の宿儺も、「高専術師たちの理想を切り刻む」という邪悪極まりない考えの下、羂索の遺志を継ぐことを決意。

本格的に日本の壊滅を目論む”ラスボス”と相成りました。

さらば羂索

死の淵に陥った羂索(『呪術廻戦』第243話 芥見下々 / 集英社)

意外にも羂索の処理がスピーディーだったことには驚きですが、宿儺を討った後に羂索と決戦……という展開も何だか物足りないものです。

羂索というキャラクターの捨て方としては、これ以上ない方法だったのではないでしょうか。

乙骨憂太の参戦

羂索の首級を挙げた直後、今度は新宿へとやってきた乙骨憂太

前作主人公と今作主人公が肩を並べ、ともに”呪いの王”へと挑むようです。

さて、乙骨の主武器といえば、五条悟すら凌ぐ途方もない呪力量……ですが、対する宿儺はそんな乙骨すら軽く凌駕する呪力量の持ち主。

ゆえに、勝負を決する要素が乙骨にあるとすれば、それは「リカ」に他なりません。

リカの使用

乙骨憂太と「リカ」(『呪術廻戦』第178話 芥見下々 / 集英社)

「リカ」とは、祈本里香の解呪後に残った外付けの”術式”と”呪力”の備蓄

ネックとなるのは、完全顕現を実現する”接続”の制限時間が、5分」と極端に短いことでしょう。

仮に乙骨が「リカ」完全顕現という”切り札”を切った場合、後述する領域展開も含め、5分間の間に全てを出し切るはずです。

……ともすれば、憂憂が回収したという五条悟や日車寛見らの死体を糧に、”模倣(コピー)”による術式使用を披露してくれるかもしれませんね。

無下限呪術をコピー!?

乙骨憂太が”恩師”たる五条の術式「無下限呪術」をコピー……という展開は、ストーリーとして非常にアツいですよね。

しかし、懸命な読者の皆様であればお気付きの通り、「無下限呪術」を使いこなすためには精緻(せいち)な呪力コントロールが必要となります。

五条悟がそれを可能としていたのは、生来のセンス特殊体質「六眼(りくがん)」を持っていたから。

つまり、「六眼」を持たない乙骨では、「無下限呪術」を使いこなすことができないのです。

何とか上述のような問題を突破した上で、”無限”を用いる乙骨が見たいところですが……?

乙骨憂太の領域展開

乙骨憂太”呪いの王”両面宿儺が対峙する現在。

読者としては、やはりどうしても「領域展開」に期待してしまいます。

作中において、まだまだ”底”は見せていないであろう乙骨。

当然ながら、「領域展開」も見せていない”底”の一つです。

乙骨と言えば、前作の主人公として登場し、今なお高い人気を誇るキャラクター。

今後のストーリーで見せ場が用意されていてもおかしくはありません。

『呪術廻戦』の主人公たる虎杖悠仁に「領域展開」が期待できない以上、その役目は乙骨が担うはず。

乙骨の動向を注視しておく必要がありそうです。

仙台結界事件

乙骨憂太領域展開をめぐっては、『呪術廻戦』第179話の事件が記憶に新しいところです。

仙台結界に赴いた乙骨は、”受肉した過去の術師”である石流龍(いしごおり りゅう)烏鷺亨子(うろ たかこ)の2名と戦闘。

領域展開(『呪術廻戦』第178話 芥見下々 / 集英社)

戦闘中に”熱”がピークへと達した三者は、それぞれが「領域展開」と唱え、同時に掌印を結んだのです。そして、なんと第178話はそこで終了

読者の”熱”も同じくピークに達しており、続く展開が待ち望まれていました。

 

……しかし、蓋を開けてみると、続く第179話では即座に領域が崩壊

結果的に3名の生得領域は描かれず、なんとも消化不良な状態でストーリーが進行したのです。

領域を崩壊へと導いたのは、ゴキブリの呪霊たる「黒沐死(くろうるし)」。第179話が掲載された直後、バ○サンの売上が上がったとか上がってないとか……。

領域展開について

作中キャラクターの「領域展開」は、以下の記事で全てまとめています

ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話 260話      

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。