呪術廻戦

アニメ【呪術廻戦 2期】25話のネタバレ考察・感想|五条と夏油の物語 12年前の真実!

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

五条悟復活!?

『呪術廻戦』26巻
【呪術廻戦】五条悟の復活が実現する理由|これまでの五条悟の道筋も総まとめ!『呪術廻戦』の今後のストーリー展開で「五条悟」が復活する可能性について考察しています。現代最強の術師は、一体どのような復活劇を見せてくれるのでしょうか。...

この記事について

アニメ『呪術廻戦』第25話のネタバレ考察・感想記事です。五条悟と夏油傑。『呪術廻戦0』にて敵対していた2人は、かつての親友同士でした。そんな2人は、一体どのような経緯で道を違うことになったのでしょうか。今、2人の物語が紐解かれます。

アニメ『呪術廻戦』第25話のネタバレ

夏油傑の独白

独白する夏油傑(アニメ『呪術廻戦』第25話 芥見下々 / 「呪術廻戦」製作委員会)

アニメ『呪術廻戦』第2期の物語は、夏油傑の独白からスタートします。

この独白は、原作『呪術廻戦』単行本9巻 第76話の内容です。

冒頭で夏油傑の行き着く先を示したアニメ『呪術廻戦』第2期。視聴者には夏油の”心境”に着目して欲しいのでしょう。

庵歌姫と冥冥の任務

【キャラクター紹介】

庵 歌姫 後の呪術高専京都校担任教師。
後に準1級呪術師となるも、現在は2級呪術師。
冥冥 今も昔もフリーの1級呪術師。守銭奴。五条悟に実力を認められている。

洋館へ

多額の借金を苦にして一家心中を行った、元焼肉店経営者宅。

そこは、「心霊スポット」として有名なスポットとなっていました。

しかし、肝試しと称して足を踏み入れた人物は、相次いで行方不明になっているとのこと。

そして、徐々に被害は拡大。ついに呪術師に調査が依頼されるほどの事態となりました。

任務に従事するのは、1級術師の冥冥(めいめい)2級術師の庵歌姫(いおり うたひめ)です。

ひとまず洋館へ入ることにした2人は、「帷(とばり)」を下さずに内部へ。

1階は冥冥、2階は歌姫と役割分担した上で、調査にあたることとなります。

帷(とばり)とは?

「帷」とは、外部から内部の術師の姿を視認不可にする他、呪霊を炙り出す効果を持つ”結界術”の一種です。
外部の非術師から呪術の使用を目撃されるリスクがある場合、「帷」の使用は必須となります。
また、特定の人物の出入りを封じるなど、複数の条件を付与することも可能です。

洋館の異変

歌姫と冥冥(アニメ『呪術廻戦』第25話 芥見下々 / 「呪術廻戦」製作委員会)

上述の通り、2手に分かれたはずの冥冥と歌姫。

しかし、階層を跨ぐ移動を行なっていないはずの2人は、なぜか合流してしまいます

どうやら2人は、既に呪霊の”腹の中”に入ってしまった様子。

ここで歌姫が「生得領域(しょうとくりょういき)ではないですよね?」と可能性を提示しました。

一方の冥冥は、その可能性を否定。「となると?」と歌姫に問い返します。

歌姫が出した答えは、「結界術」。

「生得領域」を具現化する「領域展開」も結界術の一種ですが、ここでは「領域」以外の結界術のことを指しているのでしょう。

2人は、呪霊が持つ術式について考察しつつ、ひたすらに洋館内を歩き続けます。

生得領域とは?

「生得領域」とは、「領域展開」によって展開される、心象風景を具現化した空間のことです。
作中では、両面宿儺の「伏魔御廚子」や五条悟の「無量空処」、”特級呪霊”漏瑚の「蓋棺鉄囲山」などが既に描写されています。

冥冥は、洋館の内部の構造に何ら変わりがないことから、歌姫の「領域」説を一蹴しました。

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

冥冥の課題

状況の整理を終えた冥冥は、歌姫に対して「どう突破する?」と”課題”を提示しました。

問われた歌姫は、「歩数」を根拠に現在の”結界”がドーナツ構造ではないと断定。

その後、現在の”結界”がツギハギ型であり、2人で走ることで”ほころび”が生じるのではないか、と推測しました。

冥冥の追加案により、2人は左右同時に廊下を走り抜けることに。

そして、歌姫が走り出した直後。

外部から凄まじい衝撃が加わり、洋館は”結界”ごと破壊されてしまいました。

救援にやってきた五条悟(アニメ『呪術廻戦』第25話 芥見下々 / 「呪術廻戦」製作委員会)

瓦礫に埋もれた歌姫の前には、五条悟の姿が。

ここで、OP楽曲が挿入されます。

呪術高専2年トリオ

洋館の調査に向かった冥冥歌姫を救出するため、派遣されたのは呪術高専2年五条悟夏油傑家入硝子の3名です。

洋館内では1時間も過ごしていないであろう歌姫と冥冥。しかし、外部では既に2日もの時間が経ってしまっていたようです。

冥冥は、図らずも2日間もの労働時間が発生したことから、追加報酬を請求することに。

……その直後、「それはそうと君達」と切り出した冥冥は、「”帷”は?」と問いかけました。

教育的指導

手を上げる五条悟(アニメ『呪術廻戦』第25話 芥見下々 / 「呪術廻戦」製作委員会)

”帷”を欠いた状態で破壊された洋館は、たちまちニュースで報道されてしまうことに。

呪術高専2年担任教師の夜蛾正道は、”帷”を下ろし忘れた五条に対し、「教育的指導」を行いました。

 

その後、2年生トリオは体育館に移動。

五条は、「”帷”ってそこまで必要?」と愚痴を漏らします。

一方の夏油は、”呪霊”の発生を抑制するため、「人々の心の平穏」が重要であることを説きました。

滔々(とうとう)と語り続ける夏油の言葉を遮り、「弱い奴等に気を遣うのは疲れるよ」と吐き出した五条。

そんな”親友”に対して、夏油は「呪術は非術師を守るためにある」と結論を述べました。

当時の夏油は、”呪術師”として五条よりも遥かに正動を行く人物であったようです。

最強の2人

五条悟夏油傑

高専2年にして、既にとてつもない強さを有している2人には、「天元様」からご指名の依頼が舞い込みます

その依頼内容は、「星漿体(せいしょうたい)」たる少女の護衛抹消です。

天元様

天元とは、呪術界の根幹を担う”不死の術師”です。日本国内のすべての結界は、天元の結界術によって底上げされています

そんな天元が瀕しているのが、”進化”です。

「不死」であっても「不老」ではない天元は、”不死の術式”によって肉体が”進化”してしまう様子。

”進化”による影響は未知であり、最悪の場合、天元が人類の敵となってしまうこともあり得るようです。

ゆえに天元は、自身と適合した「星漿体」と、500年の周期で”同化”する必要があります。

敵対組織

目下のところ、天元と星漿体の”同化”をよく思わない敵対組織は2種存在する様子。

1つは”現呪術界の転覆”を目論む、呪詛師集団「Q」

もう1つは、天元を崇拝する宗教組織「盤星教『時の器の会』」です。

天元と星漿体の同化は、2日後の満月に行われます。つまり、五条と夏油のひとまずの任務は、同化の時まで星漿体を守り切ることです。

 

ーー任務を前に、五条は「まぁ大丈夫でしょ 俺達最強だし」と述べ、微塵も余裕を隠しません。

夏油は、そんな五条に対して、「一人称『俺』はやめた方がいい」と一言。

「私」か「僕」を推奨しました。一方の五条は、「嫌なこった」と返します。

そんな雑談も束の間、星漿体である少女が、呪詛師集団「Q」の手により、早速ピンチを迎えていました。

星漿体を救う夏油傑(アニメ『呪術廻戦』第25話 芥見下々 / 「呪術廻戦」製作委員会)

夏油の機転により、ひとまずは救い出された星漿体。

また、五条悟の前には、「Q」の戦闘員であるバイエルが姿を見せました。

「禪院」から「伏黒」へ

呪詛師集団「Q」が星漿体を狙っている最中、怪しげな2人が会話していました。

「禪院」と呼ばれた男は、「もう禪院じゃねぇ 婿に入ったんでな 今は伏黒だ」と返して……?

アニメ『呪術廻戦』第25話終わり。

アニメ『呪術廻戦』第25話の感想

最強の2人による物語

ついに始まったアニメ『呪術廻戦』の第2期。

原作『呪術廻戦』8巻の第64話で描かれた小沢優子の物語は、見事に飛ばされてしまいました。

 

……そんなことはさておき。

『呪術廻戦0』の地上波初放送も行われ、盛り上がりに盛り上がった『呪術廻戦』界隈。

なぜ夏油傑は高専を離脱し、”最悪の呪詛師”と呼ばれるに至ったのでしょうか。

第2期の前半で描かれる「懐玉・玉折」編では、そんな夏油傑と五条悟の物語が展開されます。

これは、五条悟が「最強」に、そして夏油傑は「最悪」になる物語です。

戦闘シーンへの期待

この先のネタバレとなるため詳細は省きますが、『呪術廻戦』の「懐玉・玉折」編では、迫力たっぷりの戦闘シーンが複数存在しています。

MAPPAの確かな映像化技術で、五条悟と夏油傑の戦闘はどのように描かれるのでしょうか。

また、2人+星漿体の行先は、抜群のロケーションであることもしばしば。

背景美術にも注目しておきたいところです!

アニメ『呪術廻戦』第25話の考察

アニメオリジナル要素

アニメ『呪術廻戦』第25話では、アニメオリジナル要素が多く盛り込まれていました。

以下では、そんなオリジナル要素として際立ったシーンをいくつかご紹介しています。

夏油の独白

アニメ『呪術廻戦』第25話は、夏油傑のシーンから幕を開けました。

醜悪な非術師の実態を目の当たりにし、揺れる夏油傑ーー。

彼は一体何を見て、現在のような心境に至ったのでしょうか。想像力が掻き立てられる冒頭に引き続き、後述の歌姫と冥冥の任務へと場面は移ります。

歌姫のナーフ

次に、冥冥と庵歌姫の任務のシーンです。当該シーンは、原作では4ページ(内1ページは建物が描かれた大コマ)で済まされていたところ、アニメ版では10分前後もの尺を使用していました

なお、追加シーンとして描かれたのは、今回の2人の任務の背景や、任務中の様子です。

原作版において、歌姫は呪霊の”結界術”に綻びを生じさせる術として、”二手に分かれる”方法を自ら提示していました。

一方のアニメ版では、歌姫自身では”二手に分かれる”という答えにまで行き着くことができず、冥冥から「90点」という評価を下されています。

原作版より僅かに抜けた人物として描写されてしまった歌姫……尺の都合とはいえ、いささか不憫ですね。

【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...

体育館にて

五条が夜蛾から教育的指導を受けた後、五条悟(とる)家入硝子(ょうこ)夏油傑(ぐる)さしすトリオは、体育館へと移動していました。

その後、おもむろにバスケットボールで遊び始めた後、口論へと移った五条と夏油。

当該シーンは、原作では教室内にて繰り広げられていました。

会話の内容は同一ですが、動きの面ではオリジナルシーンと表現しても良いでしょう。

星漿体の危機

アニメ『呪術廻戦』第25話後半、五条と夏油は外を歩いていました。

そして2人は途中で別れ、五条は地上、夏油は建物の内部を進んでいきます。

夏油がエレベーター経由でとある一室に辿り着いた直後、室内にて爆発が発生。星漿体が危機に陥りました。

このシーン、夏油が建物内に入ったのはアニメオリジナル要素です。

原作版では、2人とも地上にいた際に爆発が発生していました。

歌姫の1級査定中?

冥冥と同行していた庵歌姫は、当時2級呪術師でした。

一方の冥冥は、この時点で既に1級呪術師。

後の歌姫が準1級呪術師であったことを考えると、洋館での任務は昇級査定任務であった可能性もあります。

昇級査定任務は、2名以上の1級呪術師による推薦を受けた2級以下の呪術師が、準1級呪術師へと位を上げるために行われる任務です。

通常は1名以上の1級呪術師(もしくは1級相当の呪術師)が同行すると決まっており、同行する術師は推薦した術師とは別の人物である必要があります

今回ご紹介したアニメ『呪術廻戦』第25話では、歌姫が「昇級」について冥冥に頼むセリフも差し込まれていました。

現在が昇級査定中だと仮定すると、このセリフの意味にも合点がいきます。

あるいは、歌姫がまだ”推薦”すら受けていない状態であると仮定すると、冥冥に”推薦”を頼んでいるのだと読み取ることもできそうですね。

準1級以上は猛者

補足として、呪術師の等級は、通常であれば”2級”で頭打ちであるとされています。

1級はもちろん、準1級ですらも、呪術師としては一握りの実力者であるようです。

そんな背景を知ると、高専入学時点で既に2級術師であった伏黒恵や、高専在学中にして既に1級術師である東堂葵凄さが際立ちますよね。

次回は「懐玉-弐-」

アニメ『呪術廻戦』第26話のサブタイトルは「懐玉-弐-」。

「伏黒」姓の謎の人物や、星漿体の少女の掘り下げが行われつつ、戦いが激化し始めます。

今後の展開やいかに……?

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話 260話      

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々・「呪術廻戦」製作委員会
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。