呪術廻戦

【呪術廻戦】第221話以降のネタバレ予想|五条悟が復活? 最終決戦の時が迫る!

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

この記事について

『呪術廻戦』第221話以降の展開予想記事です。前回220話にて、遂に五条悟復活が現実味を帯びた本編。復活の方法は、”天使”が「獄門疆『裏』」の術式を消滅させること。五条悟は本当に復活することができるのでしょうか。

【呪術廻戦】前回(第220話)のネタバレ

第220話「自浄自縛」

羂索の総則追加

”死滅回游泳者”夏油傑として309点もの得点を保有している羂索は、コガネに総則の追加を迫っていました。

羂索が求めた追加総則は「死滅回游の新規泳者の参加を打ち切ってくれ」と言うもの。

そんな求めに対し、コガネは「却下されました 総則7に抵触します」と返答。

「新規泳者の参加打ち切り」は、当然のことながら”死滅回游の永続に著しく触る”と判断されたようです。

しかし、羂索は不穏にも「そうはいかないよ」と発言します。

コガネのバグ

羂索は、呪霊の発生抑制補助監督の結界術の強化のために天元が張った「浄界(=より優れた結界)」を訪れていました。

浄界の中でも”要”たる位置に存在するのが、皇居を中心とする浄界、高専地下の薨星宮の浄界、京都山国御陵浄界、飛騨霊山浄界の4つです。

羂索の現在地は、その一つである飛騨霊山浄界

浄界について語る羂索(『呪術廻戦』第220話 芥見下々 / 集英社)

そして”死滅回游”は、そんな浄界をベースに作られた「梵界(=浄界より優れた結界)」です。

すなわち、浄界の主たる天元を手中に収めた羂索は、いつでも浄界ごと死滅回游を終わらせることができる様子。

羂索は、「死滅回游の強制終了」をチラつかせつつ、コガネに再び総則追加を求めました。

死滅回游の永続を前提とするコガネは、”永続に著しく障る総則の追加”と”死滅回游強制終了の危機”と言う2つの重大事態の板挟みとなり、「総則………なっなっなっ7に………」とバグを起こしました。

総則追加を宣言するコガネ(『呪術廻戦』第220話 芥見下々 / 集英社)

その結果、羂索が求めた総則が通り「<総則13>死滅回游への参加を現時点2018年11月18日21時9分をもって打ち切る」が追加されます。

さらに羂索は、「<総則14>夏油傑 伏黒恵を除く全泳者の死亡をもって死滅回游を終了する」も追加。

コガネへの脅しに用いられた”浄界の破壊による死滅回游の強制終了”は、死滅回游が「天元との同化の慣らし」という役割を持つ都合上、実際に行われることはないようです。

そして羂索は、飛騨霊山浄界の深奥で、両面宿儺と思しきミイラが座す場所を訪れました。

天元曰く浄界の構成に関わっていない様子のそのミイラ。

羂索は、それを宿儺への手土産として持っていくことを決めました。

”天使”が生存

場面は高専サイドへと変わります。

本来即死していたはずの”天使”来栖華は、甘井の術式によって受け止められていた様子。

その結果、以後戦闘に参加できないほどの重傷を負ったものの、”天使”と来栖は生き永らえたようです。

”天使”は宿儺のように受肉先を代えることができないため、戦闘参加は絶望的。

五条悟の復活に手を貸すことを決めた天使(『呪術廻戦』第220話 芥見下々 / 集英社)

しかし、術式を用いて五条悟の封印を解くことは可能なようです。

100話以上の時を経て現実的なものとなった五条悟の復活。大きく物語が動き始めました

”最強”が帰還へ

屋外で甘井と話していた虎杖は、「甘井のおかげで来栖が助かった」事実に対して「ありがとう」と礼を述べました。

家入曰く、現在の虎杖は”宿儺という呪力に浸された呪物のような存在”。

明言はされていないものの、それゆえに呪力も問題なく扱うことができるのかもしれません。

さらに虎杖は「アイツを殺すためならなんでも喰ってやる」と発言。両面宿儺の指に続き、更なる呪物を取り込む可能性も匂わせます。

虎杖が高専生らが控える一室に到着すると、そこには京都校の西宮と三輪に加えて、脹相鹿紫雲憂憂髙羽ら外部の人間の姿もありました。

ここで、脹相が虎杖に「九十九の遺した魂の研究記録」を手渡します。今更ながら、脹相は虎杖の”兄”として本当に良い顔になったものです。

タバコを吸う家入(『呪術廻戦』第220話 芥見下々 / 集英社)

高専生らの輪には加わらず、一人タバコを吸っていた家入は、五条のことを思い出していました。

「育てる 強く聡い奴らを もう誰も独りにさせない」と語っていた五条。

家入は、「私がいたろ 何が独りだ馬鹿野郎」と心の内で五条に語りかけていました。

そして現在、多くの強く聡い「化け物」たちが五条の帰りを待っています。

いよいよ”最強”が帰還するようです。

第220話終わり。

獄門疆
【呪術廻戦】第220話のネタバレ 感想と考察|”最強”五条悟がいよいよ復活か『呪術廻戦』第220話のネタバレ記事です。支配下に置いた天元を伴い、飛騨霊山浄界を訪れていた羂索。死滅回游の根幹を成す浄界にて、羂索は総則追加を巡るコガネとの交渉を試みて……。...

【呪術廻戦】第221話以降のネタバレ予想

五条悟の復活

『呪術廻戦』第220話では、遂に作中で五条悟復活を匂わせる展開がやってきました。

”天使”の「術式を消滅させる術式」によって封印の術式を消滅させ、高専サイド有する「獄門疆『裏』」から脱出させる……という流れですね。

2020年1月から100話以上にわたって封印され続けた五条悟。

ぬか喜びに終わらないためにも、本当に無事脱出することができるのかを予想混じりで考察していきます。

羂索の想定

まず憂慮されるのは、何よりも羂索の動きですよね。

1000年の時を費やした事前準備により、満を持して大掛かりな作戦を実行に移した羂索。

その羂索が、「獄門疆『裏』」の存在を知らず、うっかり五条悟の復活を許してしまう……という展開が、どうにも想像できないのです。

渋谷事変に死滅回游と、ここに至るまでの羂索の作戦は完璧。

裏門からの脱出にも何らかの策を講じているのではないでしょうか。

その”策”が、「五条悟に両面宿儺をぶつける」などの脱出を前提としたものであればともかく、あくまで封印を継続するためのものであれば、復活は絶望的です。

メタ的に考えても、”最強”の復活は何かと扱い辛いところではあるはず。

ノーリスク復活はないと思っておいた方が、ぬか喜びせずに済みそうですね。

最終決戦が迫る

『呪術廻戦』第220話では、羂索が死滅回游終了に向けて動き出し、新たな総則が追加されました。

その内容の一つが、「<総則14>夏油傑 伏黒恵を除く全泳者の死亡をもって死滅回游を終了する」です。

コガネを介して総則追加を知った高専の面々は、羂索と両面宿儺を”敵”として捉え、2人の術師を倒す方向で合致。

いよいよ最終決戦が近付いているのではないかと思われます。

最終決戦では、どのような事態が巻き起こるのでしょうか。

鹿紫雲一が咬ませ犬に?

両面宿儺との戦いを渇望している泳者 鹿紫雲一(かしも はじめ)

高専3年の秤金次に敗れた鹿紫雲は、”宿儺との戦い”を条件として、高専サイドへの協力を約束しました。

電気の性質を持つ呪力を操る鹿紫雲は、本人曰く「一度きり」の生得術式も有しており、今後活躍の機会が残されているように思われます。

秤との激闘を演じた鹿紫雲が、宿儺の強さを示す材料として”咬ませ犬”に終わらないことを祈るばかりですが……。

日車も合流?

”終了”に関する総則が追加されたことにより、死滅回游編は急展開を迎えました。

虎杖と矛を交え、一時的に別行動に移った日車寛見も、今回のルール追加を経て虎杖らに協力する意思が芽生えるのではないでしょうか。

裁判の術式に加えて、天才的な呪術センスも併せ持っている日車。

鹿紫雲や髙羽らと同じく、外部の協力者として是非とも合流してほしいところです。

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話 260話      

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。