呪術廻戦

【呪術廻戦】第260話のネタバレ速報|東堂が「不義遊戯」改を習得 五条悟が復活!?

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

この記事について

『呪術廻戦』第260話のネタバレ速報をまとめている記事です。ストーリーの流れを追いつつ、ネタバレ込みで内容の考察を行なっています。

【呪術廻戦】第260話について

発売日はいつ?

『呪術廻戦』第260話は、2024年5月20日(月)発売の『週刊少年ジャンプ 25号』に掲載予定です。

領域「伏魔御廚子」を使用したことにより、術式が焼き切れた状態にある宿儺。

これ以上ないチャンスを前に、虎杖悠仁・東堂葵タッグは勝利を掴むことができるのでしょうか。

【呪術廻戦】前回(第259話)の振り返り

以下からは、『呪術廻戦』第259話「人外魔境新宿決戦㉛」の内容をネタバレ込みで振り返っています。

第260話のネタバレ速報は、本記事中盤以降に記述しています

術式の習得

「人外魔境新宿決戦」の開戦前。

虎杖は、「赤血操術」の感覚を掴むべく、脹相と加茂憲紀から指南を受けていました。

決戦は1ヶ月後。

2回が限度の入れ替え修行枠日下部と乙骨で埋まっているため、「赤血操術」は真っ当に習得する他ないようです。

……しかし、講師役たる脹相は、教え下手。虎杖は加茂の指導で「赤血操術」の習得に挑みます。

竈と縛り

時は戻って、現在。

宿儺の「竈」(『呪術廻戦』第259話 芥見下々 / 集英社)

宿儺は「竈(カミノ)」を使用し、「渋谷事変」時と同様の”炎”を再現しようとしていました。

圧倒的火力を持つ「竈」の炎。その弱点は、速度のなさ効果範囲の狭さです。

しかし宿儺は、領域展開時以外の多対一における「竈」の使用を禁止する”縛り”を科すことにより、弱点を克服。

そして、裏梅の「私達の勝ちだ」というカットの直後、”炎の矢”が放たれました。

脹相の死

放たれた炎の矢は、「伏魔御廚子」の斬撃によって粉塵化した物質を媒介とし、凄まじい爆発を引き起こしました。

宿儺の「最終奥義」たるこの技は、領域内の全ての生物を死に至らしめるには十分過ぎる威力です。

脹相(『呪術廻戦』第259話 芥見下々 / 集英社)

いまだかつて無い窮地を前に、主人公・虎杖悠仁を守ったのは、兄・脹相でした。

脹相は、おそらくは命を賭けた”縛り”によって防壁を作り出し、虎杖を外界から隔離。

自身の死と引き換えに、弟を守ってみせたのです。

「兄貴」に礼を伝える虎杖(『呪術廻戦』第259話 芥見下々 / 集英社)

灰となって燃え尽きる直前、「ありがとう悠仁 俺の弟になってくれて」と脹相。

一方の虎杖も、「ありがとう 兄貴」と短いながらに愛のこもった言葉を贈りました。

ブラザー

皆の犠牲の上で、勝利を掴み取ろうとしていた高専サイド。しかし、その直後に巻き起こった「竈」による爆発は、虎杖の心を折る一撃でした。

東堂葵(『呪術廻戦』第259話 芥見下々 / 集英社)

……そんな状況下で現れたのは、”兄弟(ブラザー)”こと東堂葵です。

「渋谷事変」において、真人の術式「無為転変」を喰らい、片腕を失ったはずの東堂。

しかし、彼の腕は接合済みであり、それに伴って術式「不義遊戯(ブギウギ)」も回帰したようです。

 

現在の状況を理解している東堂は、「多分大丈夫だ!!」と、虎杖を気遣いつつ奮い立たせる言葉を発しました。

一方の虎杖も、東堂の意図を汲み取り、「多分大丈夫なんだな!!!?」と返答。

即座に気持ちを立て直します。

現在の”呪いの王”両面宿儺は、領域展開直後の術式が焼き切れた状態

千載一遇のチャンスを前に、虎杖・東堂タッグの戦いの行方はーー?

『呪術廻戦』第259話終わり。

脹相
【呪術廻戦】第259話のネタバレ 感想と考察|脹相が死亡 ”ブラザー”東堂が参戦!『呪術廻戦』第259話のネタバレ考察・感想記事です。ストーリーの内容をわかりやすくお伝えしています。...

【呪術廻戦】第260話のネタバレ速報

以下からは、『呪術廻戦』第260話「人外魔境新宿決戦㉜」の内容をネタバレありでご紹介していきます。

「不義遊戯」改

前回の終盤、東堂葵が助っ人として新宿の地に現れた。

東堂が左腕の包帯を解くと、そこにあったのは接合された腕ではなく、「ビブラスラップ」である。

「ビブラスラップ」とは、金属片の入った木箱を”重り”で叩くことにより、独特の音色を発する打楽器の名称。

東堂は、失った左手をビブラスラップに置き換えることで、失ったはずの術式「不義遊戯」を取り戻したのである。

現在の「不義遊戯」の発動条件は、ビブラスラップにおける木箱と金属片の衝突。

これにより東堂は、1秒間におよそ50回もの”入れ替え”を行うことが可能となった

縛りと強化

相手をより一層の混乱に落とし込む術式として帰ってきた「不義遊戯」

しかし東堂は、それだけでは満足しなかった。

上述の通り1秒間に50回の”入れ替え”が可能となった「不義遊戯」改だが、東堂はその入れ替え回数を絞る”縛り”を自らに科したのである。

”縛り”の対価として得られたのは、術式対象の複数選択効果範囲の拡張

これにより、東堂は「伏魔御廚子」の外側から複数の対象に「不義遊戯」を使用し、味方を爆心から遠ざけて見せた。

黒閃

新たに現れた敵・東堂葵を前に、「コイツが一番マイペースで崩しづらい」と評した宿儺。

そんな評価通り、東堂の登場以降、宿儺の術式が焼き切れていることも相まって、ペースは完全に虎杖・東堂側にあった。

効果が変化したことにより、大幅に強化された東堂の「不義遊戯」。

しかし宿儺は、唯一”入れ替え”を読むことのできるタイミングを発見していた

それは、まさに「『黒閃』の予兆」たる、虎杖悠仁の集中が上がりきったタイミング

まさしく「今」がそのタイミングであると読み切った宿儺は、「不義遊戯」によって虎杖の入れ替えが行われることはないと確信し、迎撃の姿勢をとる。

 

そんな絶好のタイミングで現れたのが、冥冥の烏だ。

呪力を帯びた烏が場に現れたことで、宿儺は虎杖と烏の入れ替わりを確信。方向を転換し、烏へと意識を逸らした。

そして鳴り響くビブラスラップの音ーー。

……しかし、虎杖は入れ替わっていない。東堂は「裏の裏の裏」を読み切り、虎杖に対して術式「不義遊戯」を使用しなかったのである。

再び宿儺へと放たれた虎杖の一撃は、黒い火花を散らした。

六眼の亡霊

虎杖の一撃により、宿儺は再び心臓にダメージを負う。

しかし、時を同じくして、宿儺の焼き切れていた術式が回復

呪力量こそ乙骨と同程度にまで萎んでいるものの、呪力効率が高い宿儺は、再び「領域展開」と唱えたのである。

……が、領域「伏魔御廚子」が展開される刹那、宿儺の目には自身が葬ったはずの”現代最強の術師”五条悟の姿が映ってーー。

関連記事

『ワンピース』第1115話について

古代ロボット
【ワンピース】眼帯の海賊・ジョイボーイ!空白の100年の真相|第1115話の展開予想・ネタバレ『ワンピース』第1115話について考察する記事です(これまでのネタバレあり)。発売日情報についてもまとめています。...

『呪術廻戦』第260話のネタバレ

五条悟の復活?
【呪術廻戦】第260話のネタバレ 感想と考察|五条悟が復活!? 東堂葵が不義遊戯・改を習得 『呪術廻戦』第260話のネタバレ考察・感想記事です。ストーリーの内容をわかりやすくお伝えしています。 前回はコチラ! htt...

『呪術廻戦』第260話の展開予想

東堂葵
【呪術廻戦】第260話の展開予想|東堂とのタッグ再び 最後の攻防が始まる! 『呪術廻戦』第260話の展開を予想する記事です(これまでのネタバレあり)。発売日情報についてもまとめています。 【呪術廻戦】第...

【呪術廻戦】第260話のネタバレ速報|まとめ

まずは『呪術廻戦』第260話の内容を簡単に振り返っておきましょう。

※内容は随時更新予定です。

第260話のまとめ

  • 東堂の腕には「ビブラスラップ」が括り付けられていた。
  • 術式「不義遊戯」は”改”となり、効果が変更される。
  • 虎杖が宿儺の心臓に「黒閃」をキメる。
  • 宿儺の目に、五条悟らしき人物の姿が映る。

五条悟の復活について

『呪術廻戦』第260話では、どうやら復活した五条悟の姿が描かれるようです。

……しかし五条は、宿儺の「世界を断つ斬撃」で胴体を両断され、確かに絶命したはず。

これには一体どのようなカラクリがあるのでしょうか。

本当に復活?

真っ先に考えておきたいのが、「反転術式」等の医療を超えた呪術的措置で、本当に復活した可能性です。

憂憂星綺羅羅の連携により、五条悟を含む高専関係者たちの遺体は、全員が回収されました。

そして五条は、首ではなく胴を両断された状態であり、理論的には反転術式を回すことも可能です。

また、高専サイドには、医学知識も備えた反転術式使いたる家入硝子も待機しています。

ともすれば、五条自身の反転術式と、家入の反転術式が合わさり、今回のような復活劇へと至ったのかもしれません。

五条悟の父親?

「人外魔境新宿決戦」にて五条悟が”空港”に至った際、「父親」について言及するシーンが描かれました。

曰く、「父親のこと」を「硝子に頼んだ」という五条。

このセリフは、五条父が決戦に参加する伏線だったのかもしれません。

……とは言え、作中で既に明かされている通り、五条家は五条悟が当主のワンマンチーム

いかに父親と言えども、その実力は五条悟と比べるべくもないものと思われます。

また、”呪いの王”両面宿儺が相手を「五条悟」と認識したことから、どちらかと言えば戦場に現れたのは(生死はともかく)”本物”である可能性が高そうですね。

関連記事

『呪術廻戦』第261話|五条悟復活!?

五条悟
【呪術廻戦】第261話の展開予想|五条悟の生死について 復活ではなく五条父?『呪術廻戦』第261話の展開を予想する記事です(これまでのネタバレあり)。発売日情報についてもまとめています。...

人外魔境新宿決戦編|現在の状況まとめ

以下の表に、「人外魔境新宿決戦」における各キャラクターの状況をまとめました。

キャラクター名 生死 状況
五条悟五条悟 死亡 宿儺に全てをぶつけるも、敢えなく敗北。
胴体を両断され死亡
両面宿儺両面宿儺 生存 「竈(カミノ)」「開(フーガ)」と発し、”炎”を使用。
その後、虎杖と東堂と対峙し、術式が焼き切れた状態で挑む。
鹿紫雲鹿紫雲一 死亡 五条と同じく宿儺に全てをぶつけるも敗北。
「世界を断つ斬撃」によって死亡
秤金次秤金次 生存 裏梅と戦闘中。
裏梅裏梅 生存 秤と戦闘中。
宿儺の「竈(カミノ)」を前に、「私達の勝ちだ」と宣言した。
虎杖悠仁虎杖悠仁 生存 習得した「簡易領域」で宿儺の領域を凌ぐ。
「竈(カミノ)」の炎に包まれるも、脹相に救われた。
ミゲルミゲル 生存 ラルゥとともに撤退。
ラルゥラルゥ 生存 重傷を負うも生存。
ミゲルとともに撤退した。
乙骨憂太 不明 宿儺の「世界を断つ斬撃」を喰らい、生死不明。
現在は憂憂の術式により戦線離脱済。
禪院真希禪院真希 不明 三輪の「簡易領域」で宿儺の領域を凌ぐ。
その後「竈(カミノ)」の炎に包まれるも、東堂の「不義遊戯」で救出されたか。
日車寛見 死亡 領域展延、反転術式などの高等技術を習得するも、ゼロ距離で宿儺の斬撃を浴びて死亡
脹相脹相 死亡 宿儺の「竈」から虎杖を庇い、死亡する。
日下部 篤也日下部篤也 不明 宿儺との戦闘に敗北。
生死不明。
猪野琢真猪野琢真 生存? 習得した「簡易領域」で宿儺の領域を凌ぐ。
その後「竈(カミノ)」の炎に包まれるも、東堂の「不義遊戯」で救出されたか。
憂憂憂憂 生存 宿儺に狙われるも、ミゲルによって救われる。
星綺羅羅星綺羅羅 生存 憂憂と共に高専術師の死体を回収する役目を担う。
羂索羂索 死亡 現在地は岩手県の御所湖結界
宿儺に”全て”を託し、脳を突き刺されて死亡した。
髙羽史彦髙羽史彦 不明 現在地は岩手県の御所湖結界
羂索との戦闘後、白装束を着込み、目を閉じているが、生死については明示されていない。

 

他のキャラクターはこちら!

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話 260話      

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。