呪術廻戦

【呪術廻戦】第252話のネタバレ確定速報|奇襲は致命傷に至らず 宿儺の本気はこれから!

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

五条悟復活!?

『呪術廻戦』26巻
【呪術廻戦】五条悟の復活が実現する理由|これまでの五条悟の道筋も総まとめ!『呪術廻戦』の今後のストーリー展開で「五条悟」が復活する可能性について考察しています。現代最強の術師は、一体どのような復活劇を見せてくれるのでしょうか。...

この記事について

『呪術廻戦』第252話のネタバレ速報をまとめている記事です。ストーリーの流れを追いつつ、内容の考察を行なっています。

【呪術廻戦】第252話について

発売日はいつ?

『呪術廻戦』第252話は、2024年3月4日発売の『週刊少年ジャンプ 14号』に掲載予定です。

両面宿儺との一大決戦が描かれている「人外魔境新宿決戦編」

乙骨が虎杖がピンチに陥った状況下で、遂に禪院真希が出陣しました。

戦いの行方はーー……?

【呪術廻戦】前回(第251話)の振り返り

以下からは、『呪術廻戦』第251話「人外魔境新宿決戦㉓」の内容をネタバレ込みで振り返っています。

第252話のネタバレ速報は、本記事中盤以降に記述しています

防戦一方

宿儺が回収できなかった、「宿儺の指」の最後の1本……。

乙骨憂太(あるいはリカ)はその1本を食しており、それゆえに「御廚子(みづし)」の使用を可能としていました。

放たれた「捌(ハチ)」とは、対象の呪力量や強度によって強さが変わる刃。

虎杖の一撃(『呪術廻戦』第251話 芥見下々 / 集英社)

明確なダメージを受けた宿儺に対し、虎杖が「魂に作用する打撃」で追撃します。

ーー乙骨と虎杖。

2人の苛烈な攻めを前に、宿儺は防戦一方の状態に陥ります。

宿儺の策

「反転術式」をフルで回しつつ、伏黒を取り戻すために攻め続ける虎杖。

相手の猛烈な手数を前に、さすがの宿儺も呪力出力と肉体の支配が鈍ってきたと認めます。

……窮地に陥った宿儺は、「彌虚葛籠(いやこつづら)」の解除を選択。

領域「真贋相愛」の必中効果を体で受けつつ、「世界を断つ斬撃」を放つ算段をつけたようです。

一方の乙骨は、そんな宿儺の動きを想定していました。

だからこそ攻め手を緩めず、掌印を結ばせないため、腕を引きちぎるなどの苛烈な攻めを展開します。

……そんな折、虎杖は宿儺に”血”を引っ掛けました。

そしてその”血”は、宿儺の顔面で炸裂。

察するに「赤血操術」による血液操作の賜物でしょう。

九十九のノート

ここで、虎杖の回想が入ります。

脹相を介して、九十九が遺した「魂の研究記録」を閲覧した虎杖。

虎杖と九十九の手記(『呪術廻戦』第251話 芥見下々 / 集英社)

そこには、真人の「無為転変」のような特殊な術式が絡む場合を除くと、魂が完全に混じり合うことはないことが記されていました。

現在の伏黒についても、”魂”が奥深くに沈められている状況に変わりはないものの、完全に宿儺の”魂”と融合を果たしたわけではないようです。

つまり、虎杖の「魂に作用する打撃」を用いれば、伏黒の”魂”を起こすことすら夢ではありません。

ここで来栖が、”天使”「邪去侮(ヤコブ)の梯子」現在の状況に適しているのではないかと述べました。

”天使”の術式は、対象の術式を消滅させる能力を持ちます。

そして、呪物として受肉を果たした術師は術式とも強く結びついているため、術式の消滅は「死」を意味しているのです。

虎杖の打撃で宿儺と伏黒の”魂”を引き離すことができれば、”天使”の「邪去侮の梯子」による伏黒の生存確率も上昇します。

いよいよ伏黒の救出が現実味を帯び始めました。

潰える希望

……場面は戻り、現在。

「彌虚葛籠」を解除した宿儺に、最大出力の「邪去侮の梯子」がヒットしました。

その瞬間、遂に虎杖は”伏黒の魂”と対面。

しかし、これ以上ない絶望を味わった伏黒には、もう”生きる意志”が残されていなかったのです。

伏黒の救出に失敗した直後、宿儺によって呪詞が詠唱されました

「”龍鱗” ”反発” ”番いの流星”」

「世界を断つ斬撃」を喰らった乙骨(『呪術廻戦』第251話 芥見下々 / 集英社)

……そして放たれた「世界を断つ斬撃」は、乙骨憂太、リカ、虎杖悠仁の三者を刻むとともに、領域「真贋相愛」すらも崩壊させてしまいました。

 

完全に勝利を確信した宿儺。

度重なる戦闘による疲弊もあってか、彼は気付くことができませんでした

宿儺を刺した真希(『呪術廻戦』第251話 芥見下々 / 集英社)

背後から急襲を仕掛けた禪院真希に……。

宿儺を刺した真希
【呪術廻戦】第251話のネタバレ 感想と考察|領域「真贋相愛」が崩壊 遂に真希が登場! 『呪術廻戦』第251話のネタバレ考察・感想記事です。ストーリーの内容をわかりやすくお伝えしています。 前回はコチラ! htt...

【呪術廻戦】第252話のネタバレ速報

以下からは、『呪術廻戦』第252話「人外魔境新宿決戦㉔」の内容をネタバレありでご紹介していきます。

乙骨の合図

乙骨の領域「真贋相愛」の外側で待機していた日下部と猪野は、”禪院真希が突入するタイミング”について話し合っていた。

どうやら高専術師らは、事前に真希の奇襲計画を組んでいた様子。

猪野は複数名が領域内に入ることを提案するも、宿儺への奇襲を確実に成功させるため、日下部は真希1人に任せることを決めた。

……そして、場面は前回ラストシーンへと戻る。

乙骨は、「世界を断つ斬撃」によって自身が致命的ダメージを負ったタイミングを見計らい、領域を崩壊させたのである。

その結果、真希の奇襲と引き換える格好で、乙骨は戦場から姿を消した。

退却は瞬間移動の術式を持つ憂憂によって行われており、乙骨の生死は不明である。

奇襲の結果

真希は、乙骨の領域内に事前に仕込まれていた呪具「釈魂刀(のレプリカ)」を使用し、宿儺の心臓を突き刺すことに成功した。

しかし、戦いは続く。

真希はフィジカルギフテッドゆえの高い身体能力を駆使し、なんとか宿儺との近接戦闘に喰らい付く。

途中、宿儺によって再び「世界を断つ斬撃」が放たれるも、真希は攻撃を見極め、見事に回避してみせた。

現在の宿儺は、真希と戦いながら刺された心臓を修復している。「釈魂刀」による一撃は魂にまで作用しており、宿儺と言えど即時修復は難しいようだ。

結果として、手傷こそ負ったものの、宿儺は未だに健在。

奇襲は成功とは言えない形に落ち着いた。

虎杖の状態

乙骨と同じく、「世界を断つ斬撃」を喰らったであろう虎杖。

当然ながら無事には済まず、立つことすらままならない状態に陥ってしまう。

「反転術式」による治癒は、虎杖にとって「覚えたての大技」

治療すべき箇所の検討がつかず、虎杖は露骨な焦りを見せる。

ここで現れたのが、兄・脹相だった。脹相は「反転術式」のイメージを教示し、弟を導く。

裏梅の証言

場面は秤金次vs裏梅サイドへと移る。

相変わらず戦いを繰り広げていた両者。そんな折、秤が「宿儺の気配って分かりやすいよな」と述べた。

曰く、宿儺の呪力は段々と萎んできているようであり、秤は高専の勝利を確信しているようだ。

それに対して裏梅は、普段の宿儺が「気まぐれ」であり、相手への興味の有無によって呪力の波が変わることを明かした。

そして裏梅は続ける。

「宿儺様はまだ本気を出していない」

『呪術廻戦』第1109話のネタバレ速報

ジェイガルシア・サターン聖
【ワンピース】第1109話のネタバレ速報|サターンが他の五老星を召喚 悪夢は続く! 『ワンピース』第1109話のネタバレ速報をまとめている記事です。最新情報をわかりやすくお伝えします。 【ワンピース】第1109...

『呪術廻戦』第253話の展開予想

【呪術廻戦】第253話の展開予想|宿儺が「炎」を解禁 術式の秘密が明かされる『呪術廻戦』第253話の展開を予想する記事です(これまでのネタバレあり)。発売日情報についてもまとめています。...

『ワンピース』第1110話の展開予想

サターン
【ワンピース】第1110話の展開予想|召喚された五老星! 地獄と化したエッグヘッド 『ワンピース』第1110話の展開を予想する記事です(これまでのネタバレあり)。発売日情報についてもまとめています。 【ワンピー...

【呪術廻戦】第252話のネタバレ速報|まとめ

まずは『呪術廻戦』第252話の内容を簡単に振り返っておきましょう。

第252話のまとめ

  • 領域外には日下部と猪野、脹相が待機していた。
  • 「真贋相愛」が崩壊した瞬間、真希は宿儺を背後から奇襲。心臓を突き刺した。
  • 宿儺は呪力で心臓を無理やり動かしつつ、並行して”魂”の修復を進める。
  • 裏梅と秤の戦いは継続中。
  • 裏梅は宿儺が本気を出していないことを明かした。

今回ご紹介した『呪術廻戦』第252話のラストでは、裏梅の口から「宿儺がまだ本気を出していない」という事実が発覚しました。

それもそのはず、宿儺は未だ「御廚子」のうちの斬撃しか用いておらず、使用できるはずの「炎」を封じています。

日下部は「使えない」という想定の下で動いているようですが、なぜ宿儺は「炎」を使えない、あるいは使わないのでしょうか。

今後の展開で宿儺が”本気”を出すのであれば、それは「炎」の解禁である可能性が高そうですね。

人外魔境新宿決戦編|現在の状況まとめ

以下の表に、「人外魔境新宿決戦」における各キャラクターの状況をまとめました。

キャラクター名 生死 状況
五条悟五条悟 死亡 宿儺に全てをぶつけるも、敢えなく敗北。
胴体を両断され死亡
両面宿儺両面宿儺 生存 乙骨の領域「真贋相愛」に引き込まれ、「彌虚葛籠(いやこつづら)」を発動した。

未だ本気を出していないことが裏梅によって明かされる。

鹿紫雲鹿紫雲一 死亡 五条と同じく宿儺に全てをぶつけるも敗北。
「世界を断つ斬撃」によって死亡
秤金次秤金次 生存 裏梅と戦闘中。
ラウンド中の不死身状態であり、捨て身の攻撃を仕掛け続ける。
裏梅裏梅 生存 秤と戦闘中。
捨て身の攻撃を躊躇いもなく繰り出す相手を前に、「本気」を出すと宣言した。
虎杖悠仁虎杖悠仁 生存 宿儺の「世界を断つ斬撃」を喰らってしまう。
乙骨憂太 生存? 宿儺の「世界を断つ斬撃」を喰らってしまう。
憂憂によって退却に成功するも、生死は不明。
禪院真希禪院真希 生存 遂に出陣。
宿儺を背後から突き刺した。
日車寛見 死亡 領域展延、反転術式などの高等技術を習得するも、ゼロ距離で宿儺の斬撃を浴びて死亡
脹相脹相 生存 宿儺の攻撃で腹を貫かれる。
明確な死亡シーンは描かれていないものの、重傷か。
日下部 篤也日下部篤也 生存 宿儺の「解」を受けるも、「簡易領域」によって中和に成功し、ダメージを最小限に抑える。
猪野琢真猪野琢真 生存 七海の術式「十劃呪法」が宿った呪具を装備。
宿儺の攻撃を受けるも、ダメージはほぼ負っていない。
憂憂憂憂 生存 星と共に高専術師の死体を回収する役目を担う。
乙骨の移動にも手を貸した。
星綺羅羅星綺羅羅 生存 憂憂と共に高専術師の死体を回収する役目を担う。
羂索羂索 死亡 現在地は岩手県の御所湖結界
宿儺に”全て”を託し、脳を突き刺されて死亡した。
髙羽史彦髙羽史彦 現在地は岩手県の御所湖結界
羂索との戦闘後、白装束を着込み、目を閉じているが、生死については明示されていない。

 

他のキャラクターはこちら!

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

 

【呪術廻戦】今後の展開について考察

乙骨と「捌」

『呪術廻戦』第250話の最終盤、乙骨憂太は宿儺に向けて「捌(ハチ)」を放ちました。

「捌」とは、「解(カイ)」と同じく宿儺が繰り出す斬撃。

すなわち乙骨は、決戦前に宿儺の術式「御廚子(みづし)」をコピーしていたのです。

「御廚子」を使用できた理由

そもそも乙骨のコピーは、術式を持つ人物の肉体の一部を摂取することが条件であると考えられます。

例えば、烏鷺(うろ)の術式をコピーする直前には、リカが烏鷺の腕を捕食していました

乙骨と狗巻(『呪術廻戦』第222話 芥見下々 / 集英社)

また、決戦直前、乙骨は狗巻とともに仄暗い回廊を進み、「使わせてもらうよ」と発していたのです。

これは、十中八九「(切断された腕を)使わせてもらうよ」という意味でしょう。

 

そして、乙骨が宿儺の術式をコピーできた理由ですが、これはおそらく五条悟が「両面宿儺の指」を持っていたからでしょう。

元より宿儺は、自身の残り1本の指が五条の手にあるものと予想していました。

まさにその予想は正しく、五条は乙骨に宿儺の指を託し、そして乙骨は「リカ」に指を食べさせたのでは無いでしょうか。

秤金次vs裏梅

乙骨の領域展開によって、最高潮と言っても良い盛り上がりを見せている「人外魔境新宿決戦編」

そんな状況であるからこそ、そろそろ「秤金次vs裏梅」へと場面転換が行われるのではないでしょうか。

以下からは、そんな二者の術式について振り返りつつ、戦いの展開を予想します

秤金次の術式

『呪術廻戦』第245話時点では、領域「坐殺博徒(ざさつばくと)」”大当たり”を引き、ラウンド中であると思しき秤。

だからこそ、相手の凍結攻撃を物ともせず、「不死身の捨身」で猛攻を仕掛け続けます。

以下では、そんな秤の領域「坐殺博徒」についてまとめました

「坐殺博徒」とは?

「坐殺博徒(ざさつばくと)」は、秤の術式にデフォルトで備わった領域です。

領域に付与された必中効果は、”領域内におけるルール”の開示

つまり、相手術師にとっては”脳内に情報を流し込まれるだけ”であり、実害は一切ありません。ゆえに「坐殺博徒」は押し合いに強く、展開速度も優れています。

 

さて、相手にルールが開示された上で始まるのは、「CR私鉄純愛列車」

239分の1の確率を潜り抜け、”大当たり”を引くことができた場合、秤は4分11秒間のラウンドに突入します。

「ラウンド」とは、無制限に呪力が溢れ続け、なおかつ反転術式がフルオートで回り続ける状態。……すなわち、”不死身”です。

裏梅の術式

秤と対峙している裏梅は、宿儺の隣に立つことを許された唯一の人物です。

その実力は極めて高く、呪力量、呪力出力、技術、いずれも現代の術師とは段違い
※五条悟は比較対象から除く。

ここで、裏梅の術式についても整理しておきましょう。

氷凝呪法とは?

「氷凝(ひこり)呪法」とは、裏梅に刻まれた生得術式です。

その真髄たる「霜凪(しもなぎ)」は、過冷却状態の呪力をぶつけることで、任意の対象を凍結させることがでる技

出力最大の「霜凪」は、巨大な氷塊を作り上げるほどの威力を持ちます。

また、もう1つの技「直瀑(ちょくばく)」も高い殺傷能力を持ち合わせており、総合的な攻撃力は術師の中でも随一です。

裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...

裏梅が領域展開か

本気を出した裏梅(『呪術廻戦』第245話 芥見下々 / 集英社)

秤金次を強敵認定し、「全力で潰す」と宣言した裏梅。

これはいよいよ、「領域」が展開されるのではないでしょうか。

 

……ここで思い出したいのが、秤の領域「坐殺博徒」の特徴です。

本記事にて既に述べた通り「坐殺博徒」の必中効果は”ルールの開示”のみであり、基本的には無害。それゆえに、押し合いと展開速度に優れています

だからこそ、秤金次相手の「領域展開」は、”悪手”になり得ますよね。

しかし、そうならない瞬間も存在しています。

 

それは、秤のラウンド中です。

は、4分11秒の間に呪力と焼き切れた術式が回復するため、ラウンド終了後に領域を再展開することができます

逆に述べると、「坐殺博徒」直後約4分間は領域を展開することができません

つまり裏梅は、秤のラウンド中であれば、カウンターを危惧することなく領域を展開できるのです。

 

1000年以上前を生きた術師は、そのことごとくが領域を所持していました。

具体的には、宿儺「伏魔御廚子」羂索「胎蔵遍野」「三重疾苦」を展開しています。

烏鷺享子の領域展開(『呪術廻戦』第178話 芥見下々 / 集英社)

また、上記3名よりは多少格が劣る烏鷺亨子(うろ たかこ)ですら、仙台結界編にて領域を展開していました。

このような事実に鑑みると、裏梅が領域を展開できないわけがないのです。

いかに不死身の秤と言えども、脳に必中術式を食らえばゲームオーバー。

果たして秤金次vs裏梅の行方は……?

 

これまでに登場した「領域展開」については、以下の記事にて一覧でまとめています

ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話        

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。