呪術廻戦

【呪術廻戦】第222話以降の展開について|釘崎野薔薇が復活か 虎杖と五条にサプライズ

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

この記事について

『呪術廻戦』第222話以降の展開を予想する記事です。第221話にて「獄門疆」から脱出し、五条悟が完全復活しました。いよいよ『呪術廻戦』が盛り上がってきたこのタイミングで、もう1人のメインキャラクターである釘崎野薔薇がまさかの復活を遂げるのではないでしょうか。

【呪術廻戦】前回(第221話)のネタバレ

第221話「得喪」

相応しい場所

「獄門疆『裏』」の術式を消滅させることにより、五条悟の復活を試みる高専サイド。

虎杖と髙羽は、屋内で五条復活の準備を行なっていました。

そんな2人に対し、”天使”が待ったをかけます。

続けて、「ここで解くつもりか?」と問いかけた”天使”。

飾り気の無さ”への指摘として受け取った髙羽は、折り紙で飾り付けをしようと動き出します。しかし、”天使”の指摘は”飾り気”に対するものではありませんでした。

五条の精神状態について懸念する天使(『呪術廻戦』第221話 芥見下々 / 集英社)

”天使”は、「獄門疆」内部に物理的時間が流れていないことに着目。つまり、これまでの19日間を「五条悟がどう感じたか」について、外の人間ではわからないということです。

仮に五条が途方もない時間を「獄門疆」内部で過ごしていたのであれば、錯乱状態に陥っていたも不思議ではありません。

事態の重さを理解した高専の面々は、「呪術高専第四修練場」こと埼玉県木呂子鉱山で五条の封印を解くことと決めました。

五条の行方

狗巻棘の「しゃっけー!!!」の合図と共に、”天使”来栖華は術式「邪去侮(やこぶ)の梯子」を使用。

凄まじい光が天から降り注ぎ、「獄門疆『裏』」へと直撃しました

その後、五条悟の元へと駆け寄った高専一行。しかし、そこには五条悟の姿はおろか、「獄門疆『裏』」すらもありませんでした。

想定外の事態を前にドギマギしていた来栖は、やがて開き直り、「五条悟って魔の者だったんじゃないですか?」と不貞腐れた様子を見せます。

そんな折、付近では突如として地震が発生しました

再会

場面は羂索の方へと移ります。

天元から「獄門疆『裏』」の存在を仕入れていた羂索は、「獄門疆」を日本海溝のプレート沈み込み帯に置いた上で、二重三重の封印を施していました。

果ては五条の復活を検知させるための呪霊も配置し、万全を期していた羂索。

……しかし、いま現在、羂索の前には五条悟の姿がありました。

羂索が「どう?久しぶり?お寛ぎ頂けたかな?」と戯けた態度を取ると、五条は「もっと言葉を選んだ方がいいんじゃないか?」と発言。

羂索と対峙する五条悟(『呪術廻戦』第221話 芥見下々 / 集英社)

余裕を多分に含んだ表情で、「今際の際だぞ」と続け、攻撃へと移りました。

そんな折、やってきたのは両面宿儺です。

かつて五条と対峙した宿儺は、「小僧の体モノにしたら真っ先に殺してやる」と発言していた宿儺。

いまここで五条悟との決着をつけようとしているようです。

しかし、2人の決戦に割って入ったのは羂索でした。羂索は宿儺との間に何らかの
”約束”を交わしているらしく、その履行を優先させるよう言い放ちます。

一方の五条も、「宿儺と戦う前にやることをやっておきたい」とのこと。

そこで五条は、決戦の日を”親友”夏油傑の命日である「12月24日」に指定。

五条悟(『呪術廻戦』第221話 芥見下々 / 集英社)

両面宿儺と羂索を前に、「勝つさ」と答えました。

第221話終わり。

五条悟
【呪術廻戦】第221話のネタバレ 感想と考察|五条悟が復活 最強の術師の帰還!『呪術廻戦』第221話のネタバレ記事です。”天使”来栖華が生存していたことが判明するとともに、状況が様変わりした現在。”天使”が「獄門疆『裏』」の封印術式を解除することにより、遂に解放された五条悟は……?...

【呪術廻戦】第222話以降の展開について

釘崎野薔薇の復活説

釘崎のこれまで

『呪術廻戦』14巻の第124話。

後に「渋谷事変」と語られる事件の渦中で戦っていた釘崎野薔薇は、虎杖とともに特級呪霊の真人と戦闘していました。

2人が戦っている真人生得術式「無為転変」により、掌で触れた対象の魂に干渉することができる呪霊です。

魂は肉体に先立つ概念であり、真人によって魂を改変されてしまった対象は、肉体も同様に組み換えられてしまいます。

真人の掌に触れられてしまう釘崎(『呪術廻戦』第124話 芥見下々 / 集英社)

虎杖の精神を破壊するために釘崎を狙った真人は、一瞬の隙を突いて彼女の額に掌を触れました

そして、過去回想が間に挟まれた直後、「悪くなかった」と虎杖に言い残した釘崎は、顔面から破壊されてしまいます

この際、少なくとも眼球が飛び出す様子は描写されており、およそヒロインが受ける仕打ちとは思えません

その後、やってきた京都校1年の新田新により、釘崎は”回復はしないもののこれ以上悪化はしない”術式を施されました。

以降、約100話にわたって釘崎の容態については明かされておらず、現在も読者からは再登場を心待ちにする声が上がり続けています。

釘崎の容態

釘崎が顔面を破壊された後の第127話。

京都校3年の東堂葵とともに駆けつけた同1年の新田新は、釘崎に対して”受けた傷がこれ以上悪化しない”術式を施しました。

しかし、術式を施す直前の釘崎は、呼吸も脈も止まっている状態であったとのこと。

かなり重篤な状態ですが、わざわざ新田が現れ、なおかつ術式を施したということには、ストーリー的に意味のある行動だったのではないかと勘繰ってしまいます。

なお、『呪術廻戦』17巻の第144話では、虎杖が伏黒に「釘崎はどうなった」と問いかけるシーンが描かれました。

問いに対する答えは読者に明かされず、伏黒の伏し目がちな表情と、虎杖のやや戸惑ったかのような表情が描かれたのみ。

結局釘崎の生死はわからずじまいです。

釘崎復活の可能性

さて、最新221話で五条悟が「獄門疆」からの復活を果たしたことで、現在の『呪術廻戦』は沸きに沸いています。

この盛り上がりに更なる薪を焚べるのであれば、釘崎野薔薇の復活はこれ以上ない材料でしょう。

冷静になって考えると、”現在の『呪術廻戦』登場キャラクターたちの強さのレベル感に、釘崎野薔薇がついていけるのか”という問題は浮上します。

釘崎が持つ「芻霊(すうれい)呪法」は、「共鳴」に代表される特殊な攻撃手段を持つなど、確かに強力な術式です。

しかし、他の術師たちは「相手の何らかの身体パーツを奪う」という手間をかけずとも、素で反則級の強さを振るうことができます。

釘崎の「簪」を食らう真人(『呪術廻戦』第123話 芥見下々 / 集英社)

釘崎を貶める意図はありませんが、「簪(かんざし)」も決して強いとは言い切り難い性能ですよね。

したがって、仮に釘崎野薔薇が再登場したとしても、戦闘での活躍は難しいでしょう。

 

……と、ここまで語っておいてなんですが、冷静に考えてはならないのです。

後先考えず、ひとまず釘崎野薔薇の復活に祈りを捧げる。それが釘崎野薔薇ファンのすべきことでしょう。(たぶん)

釘崎が生存サプライズを敢行?

生存サプライズを仕掛ける虎杖と五条(『呪術廻戦』第32話 芥見下々 / 集英社)

『呪術廻戦』4巻の第32話。京都姉妹校交流会の直前、表向きには”故人”とされていた虎杖悠仁は、五条悟と共謀の上でサプライズを敢行しました。

ハナから興味を示していなかった京都校の面々はともかく、東京校の面々……特に釘崎と伏黒は、このサプライズにドン引き

釘崎に至っては、目に涙を浮かべながら謝罪を要求しました。

そんな出来事から、釘崎も”仕返し”として虎杖と五条にサプライズを仕掛けてくれるのではないか……という気がしてならないのです。

17巻の第144話で描かれた、伏黒が釘崎の現況を明かすシーンが、釘崎依頼に依頼された伏黒の仕込みであったとすると、虎杖は釘崎を死んだものとして考えていてもおかしくはありません。

頼む釘崎!!! サプライズで再登場してくれ……!!!!

……と、釘崎野薔薇ファンによる純度100%の妄想でした。

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話 260話      

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。