呪術廻戦

【呪術廻戦】第248話の展開予想まとめ|虎杖の処刑人の剣は不発 禪院真希が参戦か

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

五条悟復活!?

『呪術廻戦』26巻
【呪術廻戦】五条悟の復活が実現する理由|これまでの五条悟の道筋も総まとめ!『呪術廻戦』の今後のストーリー展開で「五条悟」が復活する可能性について考察しています。現代最強の術師は、一体どのような復活劇を見せてくれるのでしょうか。...

この記事について

『呪術廻戦』第248話の展開予想をまとめている記事です。虎杖が振るう「処刑人の剣」は、日車の死を経て呪具化し……?

前回(第247話)の内容は?

「領域展延」の使用によって宿儺の「解(カイ)」を中和し、見事にダメージを軽減してみせた日車。

しかし、その後に宿儺が繰り出した「世界を断つ斬撃」は、無情にも日車の片腕を切断してしまう。

さらに宿儺は、日車に残された左腕をも切断。「反転術式」の使用を煽るのだった。

……続く内容は以下の記事にてご紹介しています!

【呪術廻戦】第247話のネタバレ速報|日車の死亡が確定 反転術式を習得するも・・・?『呪術廻戦』第247話のネタバレ速報をまとめている記事です。ストーリーの流れを追いつつ、内容の考察を行なっています。...

掲載日はいつ?

『呪術廻戦』第248話は、2024年1月22日に掲載される予定です。

1月6日合併号が発売されたため、1月15日月曜日が空く格好となっています。

第248話のネタバレ確定速報

呪術廻戦 248話のネタバレ速報
【呪術廻戦】第248話のネタバレ速報|虎杖が反転術式を習得 乙骨参戦で羂索の死亡が確定『呪術廻戦』第248話のネタバレ速報をまとめている記事です。ストーリーの流れを追いつつ、内容の考察を行なっています。...

【呪術廻戦】第248話の展開予想|日車の死後

『呪術廻戦』第247話にて、日車寛見宿儺の斬撃を受け、致命傷を負った。

同話中で死亡が確定するシーンまでは描かれなかったものの、日車はこのまま死亡すると見てよいだろう……無念。

呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...

「処刑人の剣」が呪具化か

『呪術廻戦』第247話後半、日車が宿儺の「解」を受けた直後、2コマのみ回想シーンが挟み込まれた。

そこでは、高専で教鞭をとる日下部が、「死後呪いが強まることはないわけじゃない」と日車に述べている。

この会話の意図としては、日車の死後も「処刑人の剣」が呪具として残り続ける伏線ではないだろうか。

術式の呪具化

七海の呪具を使う猪野(『呪術廻戦』第246話 芥見下々 / 集英社)

術師に刻まれた生得術式が呪具に宿る例は、『呪術廻戦』第246話でも確認されている。

……そう、七海愛用の鉈(なた)に宿った「十劃呪法」だ。

作中に登場した「天逆鉾(あまのさかほこ)」「万里ノ鎖」などについても、元をただせば当時の所有者の術式が移ったものであると予想される。

一方で、日車の「処刑人の剣」については、元が術式による産物

日車の死をもって即座に消えそうにも思われるが……?

呪具化した際の効果は?

「処刑人の剣」は、”斬った相手を例外なく必ず死に至らしめる”という危険極まりない能力を持っている。

……とは言え、効果が発揮されるのはジャッジマンの「死刑」判決を受けた者のみ。

すなわち、現時点で能力の対象となっているのは、宿儺のみである。

仮に「処刑人の剣」がそのまま呪具化した場合、現在の状況が引き継がれ、宿儺特攻の剣としてこの世に残るのではないだろうか。

【呪術廻戦】第248話の展開予想|日車の死亡で「処刑人の剣」が呪具化 効果は宿儺特化?『呪術廻戦』第248話の展開を予想する記事です(これまでのネタバレあり)。発売日情報についてもまとめています。...

【呪術廻戦】第248話の展開予想|虎杖の一撃

虎杖の一撃は不発?

『呪術廻戦』第247話終盤、日車寛見から「処刑人の剣」を託された虎杖。

その矛先は宿儺の背へと向いており、そのまま斬りつけることさえ出来れば、めでたく戦闘は終了である。

……しかし、メタ的な考察ではあるが、このまま新宿決戦が終わるとはどうにも思えない。

回避や反撃、その他何らかの手段により、残念ながら宿儺は「処刑人の剣」を受けないと予想するのが自然だろう。

処刑人の剣とは?

「処刑人の剣」とは、領域「誅伏賜死」においてジャッジマンが”死刑”を宣告した際、日車寛見に与えられる武器である。

その効果は「斬られた相手を例外なく死に至らしめる」というものであり、まさしく必殺の剣

なお、効果対象は”死刑”を宣告された人物に限られている

呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...

呪具化した「処刑人の剣」が鍵?

本記事にて上述した通り、日車寛見の「処刑人の剣」呪具としてこの世に留まる可能性がある。

仮にそうなった場合、”判決”によって宿儺への「死刑(デス・ペナルティ)」の効果が付与された「処刑人の剣」は、まさしく宿儺特攻の刃

今後の物語において、その刃が新宿決戦の”鍵”となることは、もはや言うまでもない。

【呪術廻戦】第248話の展開予想|vs裏梅

秤金次の術式

裏梅の「霜凪」を受けた秤(『呪術廻戦』第245話 芥見下々 / 集英社)

『呪術廻戦』第245話にて、秤金次と裏梅の戦いが描かれた。

現在の秤は、既に領域「坐殺博徒」”大当たり”を引いており、ラウンド中である様子。

「坐殺博徒」とその能力については以下を参照されたい。

「坐殺博徒」とは?

「坐殺博徒(ざさつばくと)」は、秤の術式にデフォルトで備わった領域

領域に付与された必中効果は、”領域内におけるルール”の開示のみである。

つまり、相手術師にとっては”脳内に情報を流し込まれるだけ”であり、実害は一切ない。ゆえに秤の術式は押し合いに強く、展開速度にも優れている。

 

そして、ルールが開示された上で始まるのは、「CR私鉄純愛列車」

239分の1の確率を潜り抜け、”大当たり”を引くことができた場合、秤は4分11秒間のラウンドに突入する。

ラウンドとは、無制限に呪力が溢れ続け、なおかつ反転術式がフルオートで回り続ける状態。……すなわち、”不死身”である。

裏梅の術式

秤と対峙する裏梅は、”専属料理人”として宿儺の隣に立つことを許された唯一の人物

その実力は極めて高く、呪力量、呪力出力、技術、いずれも現代の術師とは段違いである。
※五条悟は比較対象から除く。

秤と同じく、裏梅の術式についても以下の通り整理したため、併せて参照されたい。

氷凝呪法とは?

「氷凝(ひこり)呪法」とは、裏梅に刻まれた生得術式。

その真髄たる「霜凪(しもなぎ)」は、過冷却状態の呪力をぶつけることで、任意の対象を凍結させることができる

出力最大の「霜凪」は、巨大な氷塊を作り上げるほどの威力。

また、もう1種の技「直瀑(ちょくばく)」も高い殺傷能力を持ち合わせており、総合的な攻撃力は術師の中でも随一だ。

裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...

裏梅の領域展開・極ノ番

本気を出した裏梅(『呪術廻戦』第245話 芥見下々 / 集英社)

自らが対峙する「秤金次」という男を強敵認定し、「全力で潰す」と宣言した裏梅。

術師の”全力”と言えば、思い浮かぶのは「極ノ番」「領域展開」である。

極ノ番とは?

「極ノ番(ごくのばん)」とは、生得術式から放たれる”奥義”のような技

当然ながら、技の序列としては「領域」がトップであり、「極ノ番」は”2番手”にあたる。

作中で実際に使用された例としては、夏油傑の「うずまき」壊相の「翅王(しおう)」漏瑚の「隕」の3種。

さて、本記事にて既に述べた通り、秤金次の領域「坐殺博徒」は、”押し合いに強い”という特性を持っている。

裏梅であれば、押し負ける可能性のある領域ではなく、「極ノ番」という選択肢を採るのではないだろうか。

領域を使用する可能性

記事のアイキャッチ

秤金次相手の「領域展開」は、どうしても不利なように思えてしまうものの、そうでないタイミングも存在している。

そんな必殺のタイミングについては以下の記事にてご紹介しているため、ぜひ。

記事のアイキャッチ
【呪術廻戦】第248話以降の展開予想|裏梅が領域展開 秤の死亡も秒読み?『呪術廻戦』第248話の展開を予想する記事です(これまでのネタバレあり)。これまでのストーリーをまとめつつ、次回の展開を予想しています。...

【呪術廻戦】第248話の展開予想|禪院真希登場

真希、登場。

五条悟、鹿紫雲一、日車寛見と、徐々に欠けていく高専術師サイド。

……ここで、一度現在の状況を振り返ってみたい。

まず、新宿決戦の裏では、秤金次と裏梅の戦いが繰り広げられている。

加えて、”特級術師”乙骨憂太は、御所湖結界にて羂索と対峙

日下部脹相は新宿にいるものの、宿儺の攻撃でそれぞれダメージを負っている。

このような状況から、まもなく禪院真希が参戦する可能性が高いのではないだろうか。

真希が「処刑人の剣」を振るう?

「処刑人の剣」が呪具化すると仮定した場合、高専術師の中で最も振るうに相応しい人物禪院真希である。

中途半端な呪力量ゆえに辛酸を嘗(な)め、呪具使いとして研鑽の日々を積んだ真希。

そして彼女は、遂に禪院甚爾と同じ”呪力を脱却した身体”を得るに至った。

また、真依が遺した呪具「釈魂刀」(のレプリカ)魂を切り裂く呪具であり、”伏黒恵を救う”という目的においては不向きである。
※伏黒恵の魂すらも切り裂いてしまう可能性があるため。

以上の点から、「処刑人の剣」が呪具として残り続ける場合、剣を振るうのは真希になるのではないかと予想される。

逆転の一撃

日車の死亡確定とともに「処刑人の剣」が消えると仮定した場合も、真希が登場する可能性に揺らぎはない。

既に上で述べた通り、高専術師の中で新宿決戦に参戦するだけの能力を持つ術師は、もはや真希のみ。

したがって、宿儺の討伐は虎杖の覚醒真希の活躍によって成されるのではないだろうか。

真希が放つ”逆転の一撃”に期待しておきたいところだ。

東堂葵の参戦はある?

直近で全く姿が描かれておらず、定期的に再登場が噂されている東堂葵

真人(まひと)との戦闘で片腕を失った結果、自ら「俺の『不義遊戯(ブギウギ)』はもう死んでいる」と発していた。

不義遊戯とは?

東堂葵の生得術式「不義遊戯(ブギウギ)」は、呪力を帯びた2つの人/物の位置を入れ替える術式。

発動条件は、両手を叩く(=拍手する)こと。自身のみならず、他者と手を叩くことでも発動することが判明している。

フェイントも可能であることから、”シンプルにして強力な術式”の代表例であると言える。

乙骨憂太が御所湖結界で瞬間的な移動を行なっていたことから、”術式をコピーさせる”という形で協力している可能性もありそうだが……?

真希、登場。
【呪術廻戦】第248話のネタバレ予想|虎杖に託された剣 遂に真希が参戦!『呪術廻戦』第248話の展開を予想する記事です。発売日についての解説と併せて、今後の展開予想をまとめています。...

まとめ

本記事では、これまでに本サイトで執筆した予想記事をリライトし、一覧でまとめる形で公開しました。

『鬼滅の刃』における無限城編のような、最終決戦特有の”熱”を帯びた現在の展開。

第248話の公開が待ちきれませんね!

 

本サイト「こみっくろにくる!」では、『呪術廻戦』を含む複数タイトルを取り扱っています。

『呪術廻戦』第248話のネタバレ速報についても、情報が判明次第お届けしますので、ぜひ定期的に本サイトをチェックしてくださいね。

【執筆:那倉ばいゆ】

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話 260話      

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。