呪術廻戦

【呪術廻戦】虎杖が七海の呪具を使用!宿儺が追い込まれ・・・|第257話の展開予想

【呪術廻戦】作品の概要

呪術廻戦の第1巻(『呪術廻戦』1巻 芥見下々 / 集英社)

稀有な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

『呪術廻戦』とは

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中されている、芥見下々先生作のダークファンタジー漫画です。

主人公の虎杖悠仁は、”呪い”を祓うことを生業とする呪術師を育てる「東京呪術高等専門学校」に通う一年生。

”呪いの王”と称される両面宿儺と共生している虎杖は・・・

この記事について

『呪術廻戦』第257話の展開予想をまとめている記事です。ストーリーの流れを追いつつ、ネタバレ込みで内容の考察を行なっています。

【呪術廻戦】第257話について

発売日はいつ?

『呪術廻戦』第257話は、2024年4月22日発売の『週刊少年ジャンプ』21号に掲載予定です。

ラルゥの的確なアシストも手伝って、宿儺に「黒閃」をキメて見せた虎杖。

”呪いの王”を完全に祓うチャンスは、もはやここしか残されていません!

数多の術師たちが命懸けで挑み、バトンを繋いだ新宿決戦。戦いの行方はーー?

【呪術廻戦】前回(第256話)の流れ

第256話のまとめ

  • 五条が「黒閃」について語る。
  • 宿儺が3度の「黒閃」を放ち、呪力出力の向上に至る。
  • 脹相のカバーにより、虎杖が穿血(せんけつ)を放つ。
  • 虎杖が宿儺に対して「黒閃」をキメる。

第256話の内容はこちら!

虎杖の「黒閃」
【呪術廻戦】第256話のネタバレ 感想と考察|虎杖の黒閃が炸裂! 宿儺に大ダメージ『呪術廻戦』第256話のネタバレ考察・感想記事です。ストーリーの内容をわかりやすくお伝えしています。...

【呪術廻戦】第257話の展開予想

虎杖vs宿儺

虎杖の「黒閃」(『呪術廻戦』第256話 芥見下々 / 集英社)

ラルゥの手助けもあり、宿儺に「黒閃」をキメることに成功した虎杖。

ダメージの程度は不明ですが、とても軽傷で済むようには見えない鬼気迫る描写でした。

そして、虎杖が「黒閃」を打ち込んだのは、禪院真希が「釈魂刀(のレプリカ)」で傷をつけた心臓です。

その傷は”魂”そのものに刻まれているため、通常の反転術式の運用で修復することはできません

また、攻撃者の虎杖は”魂”を観測することを可能としており、その打撃は”魂”そのものに作用します。つまり第256話で繰り出された「黒閃」は、宿儺の傷付いた”魂”をダイレクトに叩く一撃だったのです。

五条悟の「黒閃」(『呪術廻戦』第232話 芥見下々 / 集英社)

五条悟の「黒閃」をまともに喰らった際は、白目を剥いて気絶していた宿儺。

虎杖悠仁の「黒閃」を喰らった今回は、果たしてーー?

七海の呪具を使用か

虎杖悠仁の「黒閃」により、最低でも大ダメージを負うことになるのでは無いかと思われる両面宿儺。

しかし、彼は五条悟にすら勝利した”呪いの王”です。十中八九、このままK.O.とはならないでしょう。

まだまだ続くことが予想される、「人外魔境新宿決戦」。

そこで鍵となるのが、七海建人が用いていた「鉈(ナタ)」です。

七海建人の鉈

七海の呪具を使う猪野(『呪術廻戦』第246話 芥見下々 / 集英社)

「人外魔境新宿決戦編」における七海建人の鉈は、『呪術廻戦』第246話で初めて使用されました。

死の直前まで七海が所有していたその鉈には、なんと七海の生得術式「十劃呪法」が備わっています

すなわち、対象を線分した際に丁度7:3の比率となる部位に鉈を叩き込むことで、当該部位を強制的に”弱点”とすることができるのです。

新宿決戦で鉈を使用していたのは、猪野と日下部の2名のみ。

しかし、その2名とも現在は戦線を離脱しています。

残る高専術師の内、①七海の術式を認識していて、かつ②近接戦をメインとしているのは、虎杖悠仁を置いて他にいません。

また虎杖は、”魂”を捉えた攻撃を放つことができるため、その意味でも鉈を振るう適任者であると言えるでしょう。

かつて、師匠と弟子であるかのように任務に就いた2人。

呪具を通じて2人が共闘するシーンに期待しておきたいところです。

ミゲルとラルゥは撤退濃厚

”呪いの王”の「黒閃」をまともに受けてしまったことで、大怪我を負ってしまったラルゥ。

その後「やり残したこと」と称し、術式によって宿儺の気を逸らすというファインプレーを見せました。

そんなラルゥの行為は、十分に”見せ場”と言える働きであり、ここらで両者は退場(撤退)するのではないでしょうか。

 

ラルゥはともかくとして、ミゲルは基本的に自身や仲間、家族のことを1番に考えているキャラクターです。

乙骨の関係値も「弟子」と呼べるほどに親密なものではないらしく、宿儺を「仇」とは捉えていない様子。

加えて、ミゲルにとって日本は”守べき祖国”でもなく、撤退することに引け目は感じないでしょう。

個人的な意見を述べるのであれば、ラルゥに続けてミゲルにも大きな見せ場が欲しかったところですが……。

関連記事

『呪術廻戦』第257話の確定速報

宿儺、4度目の「黒閃」
【呪術廻戦】第257話のネタバレ速報|虎杖が御廚子を使用 黒閃連発で勝利は目前!?『呪術廻戦』第257話のネタバレ速報をまとめている記事です。ストーリーの流れを追いつつ、ネタバレ込みで内容の考察を行なっています。...

『ワンピース』第1112話の確定速報

マーカス・マーズ
【ワンピース】第1112話のネタバレ確定速報|マーズ聖がパンクレコーズに到達し・・・『ワンピース』第1112話のネタバレ速報をまとめている記事です。最新情報をわかりやすくお伝えします。...

【呪術廻戦】第257話の展開予想|まとめ

『呪術廻戦』第257話の予想内容を以下にまとめました。

第257話の予想まとめ

  • 宿儺は虎杖の「黒閃」で大ダメージを負う。
  • 虎杖の一撃は、宿儺の”魂”にさらなる傷を与える。
  • 虎杖は七海が用いた「鉈」を引き継ぎ、宿儺との戦いに臨む。
  • ミゲルとラルゥは役割を終えて撤退か。

人外魔境新宿決戦編|現在の状況まとめ

以下の表に、「人外魔境新宿決戦」における各キャラクターの状況をまとめました。

キャラクター名 生死 状況
五条悟五条悟 死亡 宿儺に全てをぶつけるも、敢えなく敗北。
胴体を両断され死亡
両面宿儺両面宿儺 生存 傷付いた心臓に虎杖の「黒閃」を喰らう。ダメージの程は不明。
鹿紫雲鹿紫雲一 死亡 五条と同じく宿儺に全てをぶつけるも敗北。
「世界を断つ斬撃」によって死亡
秤金次秤金次 生存 裏梅と戦闘中。
ラウンド中の不死身状態であり、捨て身の攻撃を仕掛け続ける。
裏梅裏梅 生存 秤と戦闘中。
捨て身の攻撃を躊躇いもなく繰り出す相手を前に、「本気」を出すと宣言した。
虎杖悠仁虎杖悠仁 生存 「穿血」を習得していたことが判明する。
ラルゥのカバーもあって、宿儺に「黒閃」を叩き込んだ。
ミゲルミゲル 生存 ラルゥを伴って撤退を始める。
「こっちを向いて(キューティーハニー)」の発動を手伝った。
ラルゥラルゥ 生存 宿儺の「黒閃」を受け、重傷を負う。
撤退直前に「こっちを向いて(キューティーハニー)」を発動し、虎杖の「黒閃」に繋いだ。
乙骨憂太 不明 宿儺の「世界を断つ斬撃」を喰らい、生死不明。
現在は憂憂の術式により戦線離脱済。
禪院真希禪院真希 不明 「黒閃」に加えて出力の上がった「解」を喰らい、正史不明。
日車寛見 死亡 領域展延、反転術式などの高等技術を習得するも、ゼロ距離で宿儺の斬撃を浴びて死亡
脹相脹相 生存 宿儺の「黒閃」を受けるも、”血の鎧”で耐え凌ぐ。
虎杖に圧縮した血液を託した。
日下部 篤也日下部篤也 不明 宿儺との戦闘に敗北。
生死不明。
猪野琢真猪野琢真 不明 宿儺に攻撃を仕掛けるも、「解」による返り討ちに遭う。生死不明。
ミゲルミゲル 生存 新宿決戦に参戦。
窮地の憂憂を救った。
憂憂憂憂 生存 宿儺に狙われるも、ミゲルによって救われる。
星綺羅羅星綺羅羅 生存 憂憂と共に高専術師の死体を回収する役目を担う。
羂索羂索 死亡 現在地は岩手県の御所湖結界
宿儺に”全て”を託し、脳を突き刺されて死亡した。
髙羽史彦髙羽史彦 不明 現在地は岩手県の御所湖結界
羂索との戦闘後、白装束を着込み、目を閉じているが、生死については明示されていない。

 

他のキャラクターはこちら!

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

【呪術廻戦】ストーリーまとめ

『呪術廻戦』最新巻発売中!

『呪術廻戦』最新26巻が4/4に発売!!

”史上最強の術師”両面宿儺と”現代最強の術師”五条悟による、雌雄決する一大決戦と、その決着の様子が描かれている今巻。

『呪術廻戦』史上最高峰の戦いの行方を、あなたもぜひ見届けてください!!!

▶︎『呪術廻戦』最新26巻を購入する!

原作『呪術廻戦』本誌ネタバレ

【呪術廻戦】ネタバレ記事アーカイブ
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話 223話
224話 225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話 233話
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話 243話
244話 245話 246話 247話 248話
249話 250話 251話 252話 253話
254話 255話 256話 257話 258話
259話 260話      

【呪術廻戦】関連記事まとめ

各キャラクターの生死まとめ

虎杖悠仁
【呪術廻戦】主要キャラクターの生死まとめ|最新話時点の生存状況 キャラの死因は?『呪術廻戦』本誌最新話時点の主要キャラクターの生死についてまとめている記事です。死亡キャラクターについては、死因についても記述しています。...

『呪術廻戦』は2024年に完結する?

虎杖悠仁のアイキャッチ
【呪術廻戦】2024年に完結!残る未回収の伏線まとめ|釘崎野薔薇の復活はある?芥見下々先生のジャンフェスにおけるコメントをもとに、『呪術廻戦』が2024年中に完結する可能性について考察しています。また、作品に残る伏線についても併せてご紹介します。...

「死滅回游」とは?

死滅回游
【呪術廻戦】死滅回游の徹底解説|総則と泳者一覧を総まとめ! ルールをわかりやすく解説『呪術廻戦』の「死滅回游」について徹底解説している記事です。「死滅回游」の概要の他、目的やルール、登場する泳者(プレイヤー)などをまとめています。...

「領域展開」まとめ

領域展開
【呪術廻戦】領域展開一覧|作中で登場した領域を徹底解説 術式と効果を総まとめ『呪術廻戦』内の概念である「領域展開」について、その使用者を一覧形式でまとめた記事です。術式効果についても詳しく解説しています。...

キャラクター記事一覧

”雷神”鹿紫雲
【呪術廻戦】鹿紫雲一の徹底解説|一度きりの生得術式とは? 実力やこれまでの活躍まとめ『呪術廻戦』に登場する「鹿紫雲 一(かしも はじめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても予想しています。...
魔虚羅の顕現
【呪術廻戦】魔虚羅の徹底解説|禪院家が誇る最強の式神 能力や活躍を詳しくご紹介『呪術廻戦』に登場する「魔虚羅(まこら)」についてのまとめ記事です。これまでの登場シーンや能力について、徹底的に解説しています。...
【呪術廻戦】庵歌姫の徹底解説|生得術式は? これまでの活躍を総まとめ!『呪術廻戦』に登場する「庵 歌姫(いおり うたひめ)」についてのまとめ記事です。これまでの活躍の他、生得術式についても詳しく解説しています。...
髙羽史彦
【呪術廻戦】髙羽史彦の徹底解説|術式「超人(コメディアン)」とは 実は作中最強候補?『呪術廻戦』に登場する「髙羽史彦(たかば ふみひこ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、髙羽の生得術式「超人(コメディアン)」についても考察・解説しています。...
裏梅
【呪術廻戦】裏梅の徹底解説|氷を操る術式について考察 領域展開は銀世界モチーフ? 『呪術廻戦』に登場する「裏梅(うらうめ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、裏梅の生得術式「氷凝呪法」に...
呪術を使用する日車
【呪術廻戦】日車寛見の徹底解説|五条に並ぶ才能の原石 領域「誅伏賜死」とは?『呪術廻戦』に登場する「日車寛見(ひぐるま ひろみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、日車の生得術式や領域「についても解説しています。...
九十九由基
【呪術廻戦】九十九由基の徹底解説|生得術式や式神の能力を紹介 その目的は?『呪術廻戦』に登場する「九十九由基(つくも ゆき)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、九十九由基の術式や目的についてまとめています。...
三輪
【呪術廻戦】三輪霞の徹底解説|新宿決戦での出番はある? 水色の髪色が鍵か 『呪術廻戦』に登場する「三輪霞(みわ かすみ)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、三輪霞の実力や裏切り者...
脹相
【呪術廻戦】脹相の徹底解説|虎杖悠仁の頼れる兄貴 加茂家の術式を持つ理由!『呪術廻戦』に登場する「脹相(ちょうそう)」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、脹相の生得術式や虎杖との関係についても詳しく述べています。...
ラルゥ
【呪術廻戦】ラルゥの徹底解説|生得術式「心身掌握」の効果とは ミゲル級の実力者 『呪術廻戦』に登場する「ラルゥ」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ラルゥの術式や目的についてまとめていま...
ミゲル
【呪術廻戦】ミゲルの徹底解説|夏油や乙骨との関係は? 領域展開も習得済みか『呪術廻戦』に登場する「ミゲル」について徹底的に解説している記事です。これまでの活躍の他、ミゲルの術式や目的についてまとめています。...

(C)芥見下々
本記事内で使用している画像の著作権、商標権、その他知的財産権等は、当該コンテンツの提供元に帰属します。